国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|基本的に5種教科合格に至るまで…。

2017-06-20 00:40:04 | 日記

法律系の学部を専攻しておらずとも、同時に現場経験が全く無い場合でも公認会計士の資格はとれますがその分やはり独学で臨む場合は、相当な学習量も要必須です。当方もまるっきり独学で合格を勝ち取ったので、身をもって思います。
こちらのHPサイトでは、公認会計士対象の通信教育を、しっかりセレクトすることができるように、中立的な立場で評定できるデータを色々載せていきます。それ以後は、自分自身で最適なものを選んで。
通学講座+通信講座の2つのコースを一緒に受けることが出来る、『本気になったら大原♪』がキャッチコピーの「資格の大原」は、ハイクオリティの教材各種と、かつまたプロフェッショナルの講師達の指導で、公認会計士合格者全体の50%の人数を生み出す名誉ある実績を誇っています。
実際に全資格試験科目の平均的な合格率の割合は、概ね1割とされ、色々あるほかの高難度の資格より、合格率が高めに思えるでしょうが、それについては各教科の独立の合格率とされ、公認会計士試験トータルでの合格率ではありませんから、覚えておいてください。
実際に公認会計士試験に関しては、メチャクチャ難易度が高いです。合格率というのは、約10%でございます。ただし、一回に絞った試験でチャレンジせず、数年間にわたり合格を得ようとするならば、格別難しいことではありません。

現実的に公認会計士資格をとろうとするケースにおいては、専門スクールに通わずに独学で合格を獲得しようとする人が少な目で、実情別の法律系資格試験より、市販テキストの種類もそれ程、本屋さんに売っていません。
基本的に5種教科合格に至るまで、数年かかる公認会計士資格取得の試験では、ずっと勉強していられる環境が存在するかしないかといったことが、肝要で、学校通学ではなく通信教育コースに関しては、特別そういうことが影響してきます。
勤務しながら、公認会計士を目指す方たちも多数いるようなので、あなたの行えます事柄を一日一日少しずつ継続して行っていくというのが、公認会計士試験合格への最も近い道となるのかもしれないです。
超難関資格試験と聞こえが高い公認会計士試験を受ける場合におきましては、全身全霊を注がなければ合格することはできません。そして独学にて合格を叶えるというのは、めちゃくちゃ努力しないとなりません。けれども僅かでもお役に立つサイトとして使用してくれればハッピーです。
個別論点の内容をしだしたら、関わる演習問題に可能な限り臨み、数をこなして問題慣れしておくとの勉強法を新たに盛り込むというのも、公認会計士試験においての簿記論対策につきましてはスゴク効果が高くなります。

エキスパート講師陣にその場で見てもらえるスクールへ行くメリット点につきましては、魅力なのですが、いつも高いモチベーションさえ持ち続けられれば、公認会計士通信教育での勉強で、望んでいる成果をあげることが可能だと思います。
効率の悪い勉強法を取り入れて、合格への道まで遠回りすることほど、残念なことはありません。確かで効率的なやり方で短期間合格を見事果たして、公認会計士となって社会に貢献しましょう。
日本でもトップクラスにランクインする高い難易度という公認会計士試験は、全11科目の法律の範囲より複数の問題が出されるから、合格を目指すには、1年近くの取り組みが必要でございます。
いわゆる難関という風によく言われる公認会計士試験の難易度に関しましては、極めて難しくって、毎年の合格率も僅か3%くらいと、法律系の国家資格の中においても、上位の超難関試験といえます。
将来公認会計士資格をゲットする為に試験学習に着手する方にとっては、「公認会計士試験については、どの程度の学習時間を持ったら合格できるのか?」というのは、気になる点だと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|普段はサラリー... | トップ | 公認会計士|人によっても異... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL