国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

【価値】会計士|リアルタイムで…。

2017-07-15 11:10:05 | 日記

会計士試験の勉強をやる上で、集中する力を維持することが難しく感じたり、やる気を持ち続けることがしんどかったりとデメリットな面も見られましたが、全体的に見て通信講座を行って、資格を取得することが実現できたといったように考えております。
リアルタイムで、または近々、会計士に完全に独学で臨む方のために企画制作しました、特化した専門サイトです。サイトの中におきましては合格を実現するためのキーポイントまた、現場での仕事の流れ、加えてその魅力的な部分を定期的に配信しております。
会計士については、もしわざわざ専門学校に通わず独学であっても合格を実現できる国家資格の一つでございます。中でも只今、仕事を持っている方が頑張って臨む資格としては希望が持てますが、背中合わせで高難易度とされております。
実際にいつも、大よそ2万・3万人の人が受験し、600〜900人少々しか、合格を得られません。この状況を鑑みても、会計士試験の難易度の高さがわかるものです。
会計士試験制度の内容の手直しに伴って、これまでの運任せの不確定な博打的要素が取り払われ、事実上腕前があるものかが見られる試験として、現在の会計士試験は改められたのです。

DVD講座や、テキストブックを見ての勉強に対して、ちょっと心配&不安があったりするのですけど、実際に通信講座(通信教育)を受講して、会計士資格取得を実現した先輩方も多くいらっしゃるし、なので独学で取り組むよりかは、合格への道が近いと思うようにしています。
会計士と並ぶ法律系の国家資格とされ、高度な専門性を持った業務を執り行う、会計士と会計士ですけど、難易度については会計士の方が難度が高くて、それだけでなく活動内容にも、いくらか違うのです。
一般的に会計士試験を誰にも頼らずに独学合格することは、難関ではありますが、勉強の方法を能率的にするとか、多くの情報をいろいろと集めるようにすることで、短い時間&少しの勉強量で試験合格を果たすのも、できるものです。
普通、会計士試験に一切独学で合格を志すのは、難易度が高いということを覚えておくといいでしょう。それにつきましては合格率がずっと10%に至らない真実があることによっても、明白に思い浮かべることができるはず。
以前においては会計士試験については、他よりも狙いやすい資格というように言われていましたけれど、この頃はグンとハイレベルになっており、全力で取り組まないとなかなか合格できないという資格になっております。

現実、会計士試験については、1科目毎に各120分しか試験時間がありません。つまりその限られている時間内にて、それ相応の合格点を目指さなければいけないため、やっぱり処理能力は必須事項です。
一昔前までは合格率の数値が10%あたりを保っていた会計士試験でございましたけれども、なんと今や、ダウンし一桁のパーセンテージで滞っています。合格率が一桁でありますと、高難易度の難関資格のひとつとして、挙げてもいいでしょうね。
合格率の割合に関しては、会計士受験の難易度の現状を把握できるハッキリと見て取れる指標の1つであるわけですが、昨今、この数値が顕著に低くなりつつあり、大勢の受験生達の関心が深くなっています。
会計士の仕事に就くことは、法律で定められている資格取得試験の入門編として、若者から中年まで広い層に人気が集まっている一方で、合格となった後には、自分自身のオフィスをつくり、独立・起業も選択として選べる法的専門資格取得試験です。
世間一般的に会計士の代わりに法的業務を行う地域に寄り添った法律家として、活動に期待が集まる会計士の立ち居地は、社会的な地位のあるといわれております資格です。当然、それだけ試験の難易度の度合いにつきましても物凄く高いものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【司法書士試験】会計士|事... | トップ | 【地域活性化】会計士|ずっ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL