国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

【会計士事務所】会計士|試験を受ける前に会計事務所やまた会計士事務所に就職し…。

2017-07-14 12:00:04 | 日記

試験を受ける前に会計事務所やまた会計士事務所に就職し、経験値を積み重ねつつ、確実に学習を行うというような方でしたら、通信講座の勉強法が最善と考えます。
実際に多くの予備校や資格学校では、会計士の資格を目指す人向けの通信教育が設けられております。通信教育の講座の中には、iPod等の携帯端末だとかUSBメモリなどを使って、流行の先端を行くNEWスタイルでの通信教育を開いている、スクールというのもあります。
基本的に会計士試験につきましては、年齢に関してや性別・学歴・経歴などといった受験資格は設けていないので、老若男女受験OK。万が一法律に関しましての知識・情報がゼロの初心者であろうと、イチからしっかり受験に対しての方策を立てることで、合格することも不可能ではないですよ。
一流講師の講座をその場で受講できる通学面の利点は、大いに魅力を感じますが、長期間積極性さえ持続できたならば、会計士専用の通信教育で学ぶことで、充分に実力を得ていくことが可能になると思います。
世間一般的に国家資格内でも、難易度高の会計士でございますが、他よりも合格へ行き着くまでの道が簡単ではなく辛いからこそ、見事資格を獲得した以降には高需要や給金、より高い地位をゲットできるといったことも確かです。

実際毎年、2〜3万名ぐらいがチャレンジし、そのうちの600人から900人程度しか、合格が難しいです。この部分を見るだけでも、会計士試験難易度が超高いというのが想像することが出来るでしょう。
一般的に科目合格制の、会計士試験に関しましては、1度の試験にて一気に、5ジャンルの科目を受験することはしなくてよくって、時期を分けて一つの科目ごとに受けても良しとされています。つまり合格を得た教科は、会計士になれるまで合格として継続されます。
基本会計士試験は、難易度の高い国家資格試験となっているんで、専門知識を基礎から学べる専門の学校に定期的に通った方が、確実に無難かと思われます。ですけど、何もかもすべて独学で貫こうと人により、そのやり方がマッチしているならOKであるなんていった事柄もあったりするようです。
現実的に完全独学での会計士資格の勉強法を選択する際に、他の何よりも問題として発生しやすいのは、勉強途中に気になる点等が発生してきた場合があれど、誰かに質問するということができないことです。
DVD教材や、テキスト学習材での受身の勉強法に、若干不安を抱いていますが、現に通信講座を利用して、会計士国家資格を獲得した人も沢山いますし、完全に独学するよりは、良いのではないかと思っております。

昨今は、専門スクールに通ってベテラン講師陣から直に教わっている方たちと、さほど大きく異ならない受験勉強が可能です。このことをリアルに可能とするのが、今となりましては会計士試験対策の通信講座の王道の教材とされておりますDVD講座です。
実際授業を受けられます専門のスクールも内容も種々ございます。それによって、色々な会計士講座の中より、会社勤めしている方であろうと学業に励むことができる、通信講座を持っている資格スクールを比較しおススメ点を挙げました。
会計士に関しては、もしも学校や通信教育を受講しないで独学で挑んでも合格することができる法律系国家資格のひとつです。今現在、仕事をしている人が決心してチャレンジする国家資格としては現実味がありますが、隣りあわせで難易度も高いレベルであります。
日本国内でもケタが違う高難易度を誇る会計士試験につきましては、合計11分野の法律のうちより多くの難しい問題が出るため、合格しようとしているならば、長期的な勉強時間が大事です。
実際1科目ごとに受験可能な科目合格制度でありますから、会計士試験につきましては、仕事をしている人も受験しやすいのだけれども、ところが受験勉強期間が長くなってしまうことが通例です。今までの諸先輩方の勉強法の内容を手本にすることを提案します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【司法書士試験】会計士|い... | トップ | 【税理士資格】会計士|一般... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL