国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|一般的にオール独学で…。

2017-05-16 16:50:06 | 日記

公認会計士資格取得スクールの公認会計士に特化した授業を受けたいのだけど、近場に学校がどこにもない、仕事がとても忙しくて時間がとれない、スケジュールがつまっており学校に通う時間などないような人に向けて、各学校毎にて、自宅にいながら勉強できる通信講座を取り扱っています。
世間一般的に公認会計士については、法律上の資格試験の難関でありながら、若い世代だけでなく中高年の方にも高人気であるのですが、合格を勝ち取った以後は、早々に個人での事業所などを起こして、独立・起業も選択として選べる有望な法律系専門試験とされています。
地域に密着した『くらしの法専家』として、活躍可能な公認会計士を受験する際、前提条件や資格は不問となっています。どのような方でも挑戦可能ですから、通信教育の講座内でも、年齢や性別を問わず幅広い層に人気抜群の法律資格でございます。
実際に公認会計士試験とは、公認会計士になるために絶対に必要な学問の理解と、それについての応用力を有するか否かを、品定めすることをメインに、実施する高いレベルを求められる国家試験です。
1年に1度、約2・3万人の人達が資格試験を受験し、ほんの600人〜多くて900人のみしか、合格を獲得できません。そうした現実をとり上げましても、公認会計士試験の難易度がとても高いといったことが分かるはず。

原則的に公認会計士試験をオール独学で貫くというのは、すごぶるハイレベルなことであるわけですが、それでも取り組みたいとやる気がある人は、第一に会計学の勉強より開始するのがおすすめです。
中には30万以上、はたまた50万を超える額の、公認会計士の資格の通信講座といったものもよく見られます。高額の講座は期間も、1〜2年の長い期間の課程であるというのが、しばしば見られます。
一般的にオール独学で、試験に合格することは、実行可能でしょう。しかしながら、例年公認会計士については全10名受けて、1人も通過できないときもみられる高難易度の国家試験。それを乗り越えるには、効率的な学習法を会得することが求められます。
昨今の公認会計士に関しましては、とても難易度の高い問題が出題されており、通信教育をどこにするかで、合否の判定が分かれてきます。だけど、種々の会社が見られ、一体どの会社に決めるとベターか、皆さん迷われるようです。
一般的に5分野の科目合格にまで、長期間にわたってしまう公認会計士資格の受験では、学習を継続することが出来る状況が、肝で、通信教育コースを選択する際は、取り分けそういうことが関係します。

現実的に難関資格とされております公認会計士試験の難易度は、めちゃくちゃ高度であり、平均の合格率もたったの2%・3%と、法的な国家資格の内でも、ハイレベルとされるまさしく難関試験でございます。
以前においては公認会計士試験の受験は、他より比較的入手しやすい資格だなんて言われていたわけですが、今は至極難易度が高く、かなり合格できないという資格になっております。
今から8年前の平成18年度から、公認会計士試験の内容は、沢山修正がされました。以前よりも憲法や民法等の法令科目が、非常に重要ポイントとされるようになって、多肢択一タイプの問題とか、40字程度の記述式の問題というような暗記だけでは解けない問題なんかも広く出題されています。
全部の教科の平均合格率の値は、10〜12%程度となっていて、他の難関とされる資格よりも、合格率が大分高いように捉えやすいですけど、それは科目毎の合格率であって、公認会計士試験全部をひっくるめた合格率では、決してないのです。
基本的に公認会計士試験につきましては、高難易度とよく言われる、国家資格の1つでございます。当サイトでは、目的の公認会計士試験に必ずや合格するためにマスターしておきたい勉強法などを、当サイトの管理人自らの合格獲得の体験談をベースとして詳しく書いていきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|現実的に30万円... | トップ | 公認会計士|網羅性を持った... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL