国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

【資金繰り】会計士|実際に現場において法人税法は…。

2017-07-14 22:20:03 | 日記

一頃においては合格率の割合が10%台が普通だった会計士試験でありましたけど、今現在、一桁の数値でとどまっております。合格率一桁台であると、高難易度の国家資格の内のひとつとして、考えられます。
国家資格取得試験の会計士試験の合格率の数字は、約10%と、高難易度とされております割には、比較的高い合格率となっております。だとしても、たった一度きりで合格を勝ち取るのは、可能性がほぼゼロであるということがわかっています。
今の時点に皆さんが、会計士の受験・合格体験記録の類を、色々わざわざ探し求めて目を通しているワケは、大概が、どういう取り組み方や勉強法がご自分に合っているのか、葛藤しているからでしょう。
勉強時間が生活の中でいっぱい確保することができる受験生であれば、ベーシックな勉強法をやり続けることにより、会計士試験で合格を目論むことも可能ですが、常日頃会社など忙しい方には、ベストな取組方法だとは言えないと思われます。
会計士試験を受けるにあたっては、年齢・性別などの受験資格は指定されておらずに、経歴は制限がありません。なので、それまでに、もし法律の専門的な勉強を一度もやったことが無いようでも、立派な学校卒業の学歴がないケースでも、会計士の資格取得はできます。

合格率の数字が毎年7%位と聞くと、会計士試験はとても難易度が高くみえますけれど、評価基準の総じて60%以上の受験問題がちゃんと正解することができたなら、試験に合格することは間違いないでしょう。
毎年毎年、会計士試験の合格率のパーセンテージは、約2〜3%辺りとされます。要必須とされる学習にあてる時間との互いの釣り合いを見てみますと、会計士国家試験がいかに高い難度であるか分かるでしょう。
完全に独学で会計士試験にて合格を手に入れる場合には、ご自分で適切な勉強法を身につける必要がございます。このために、何より良いといえる工夫は、合格した方々が試みていた勉強法をそのまま真似ることでございます。
実を言いますと、会計士の資格をとる際は、予備校に通学せずに独学で合格を勝ち取ろうとする方が多く存在していないことも関係して、会計士以外の試験と比べてみますと、使えそうな市販教材なんかもさほど、出版されていません。
2006年度(平成18年)から、会計士試験の出題問題は、多数変更が行われました。以前よりも憲法や民法等の法令科目が、重要視され、筆記試験では多肢択一式問題ですとか、記述式(論文)での問題のような思考力が求められる新しい傾向の問題というのも多く出題されております。

大抵全ての科目の合格率のアベレージは、全体から見て10%〜12%あたりであり、他の難関国家資格よりも、合格率が高くなっているように見えてしまいますが、それに関しましては科目別の合格率の平均値であって、会計士試験それ自体の合格率ではございませんから、忘れないようにしましょう。
実際に現場において法人税法は、ビジネスを行うというケースにおいて、知っていなければいけない知識といえます。そうはいえども、暗記することがいっぱいあることにより、業界内におきましては会計士試験の最大の難関と知られております。
イチから全て独学でやるもの良いけど、日々のスケジュール調整であったり勉強のやり方等に、不安を持つというケースでしたら、会計士試験に対応する通信講座に頼るのも、一つのスタイルだといえるのではないでしょうか。
簡単に言うなら第一段階合格最低点の「足切り点」といいます受験のシステムが、会計士試験には設定されています。分かりやすくいうと、「範囲内の点数に不足しているならば、不合格です」とした点数がはじめに設定されているのです。
完全独学だけで勉強をするとした、強い思いはないわけですが、自分のリズムで取り組みたいと考える方でありましたら、どちらかといえば会計士の通信講座を選んだ方が、条件に適うスタイルの勉強法と思われます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【税理士資格】会計士|一般... | トップ | 【資格】会計士|会計士の試... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL