国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

【司法書士試験】会計士|事実法科大学院の修了者であれど…。

2017-07-15 05:10:06 | 日記

一般的に5分野の科目合格にまで、長期間かかる会計士資格の受験では、勉強を続ける時間を確保できる環境が存在するかしないかといったことが、決め手で、通信教育コースを選択する際は、取り分けそういったことが言えることと思います。
網羅性を誇るテキストブックにすら載せられていない、より深い知識が要求される問題に関しては、サッパリと諦める事をおすすめします。つまりいざ割り切る行動も、高い難易度の会計士試験に合格するには、重要とされます。
会計士対象の通信講座として、一際イチオシなのは、国家資格の取得を心強くサポートしてくれるLEC です。利用されている専門のテキストは、会計士受験生間にて、大変人気の教本として高評を得ています。
通学授業プラス通信講座の2タイプを一緒に受講できるようになっている、「資格の大原」の専門学校におきましては、GOODな指導書と、かつ資格取得指導スペシャリストの講師陣で、会計士合格者の全体数の50%を世に出すといった高実績を誇っております。
事実法科大学院の修了者であれど、試験に不合格となることが見られるほどなので、ツボを得た成果が期待できる勉強法をよく考えて本気で臨まないと、会計士試験にて合格を果たすというのはハードとなるでしょう。

現実的に毎年、2〜3万近くが試験に挑み、多くとも900人位しか、合格をゲットできません。その一面を見れば、会計士試験の難易度レベルが高度であることが把握できます。
事実「法をベースに客観的な視点で物事を見ることが出来る人間」であるかそうでないのかということを審査されているみたいな、かなり難易度が厳しい受験に変わってきていますのが、今の会計士試験の事実として捉えられます。
現実的に会計士試験の目立った特色に関しては、点数が全てを決める試験法となっており、合格判定の合計人数をハナから決定付けていないから、要するに試験全体の難易度の加減が、そのまんま直に合格率につながります。
つまり専門スクールに行かないでもオール独学でも、キチンと、会計士の知識について自分のものにできるんであったら、合格ゲットも実現可能です。とは言っても、それを現実にするには大変、長いスパンを費やすことが要されます。
現実的に完全独学での会計士試験に向けての勉強法の選択を行う場合、殊に問題として発生しやすいのは、勉強をしている中で疑問に思う事柄が出現した際に、回答を求めることができないということでしょう。

前々から、法律知識ゼロの次元から始めて、会計士試験合格に最低限必要とされる総勉強時間は、通常「3000時間以上」と知られています。調べてみても、ストレート合格者の勉強合計時間は、平均して3000時間強のようです。
実際に科目合格制度をとっております、会計士試験におきましては、同じ時に一度で、5種の科目を受験する規則はなく、時期をずらして1教科ごと受けても良いということになっております。つまり合格を得た教科は、その後会計士資格取得まで有効とされていて2回受ける必要はないのです。
他よりもかかる費用が安い、勉強範囲をチョイスして、かける合計の学習量を削減した学習システム、クオリティの高い教材各種などが受験生に人気のフォーサイト。会計士通信講座ならまずコレ!と断言できるくらい、人気が集まっております。
個々の教科の合格率の数値は、大方10%少々と、どの科目ともに高難易度の会計士試験は、科目ごとの合格システムをとっているんで、社会人をしながら合格を実現できる、資格なのです。
会計士試験の試験に於いては、それぞれの科目で2時間だけしか試験の時間が与えられていないです。そうした中で、ミス無く合格点を取らないといけない為に、言うまでも無く迅速な回答は絶対に必要です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【資格】会計士|会計士の試... | トップ | 【価値】会計士|リアルタイ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL