国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|非常に難易度が高いとされる資格試験になっておりますけど…。

2017-06-19 12:20:03 | 日記

一般的に公認会計士の合格率の数値は、概ね1.75%と認識されています。ここ数年、法曹界に必要な学識・能力を身に付ける専門の大学院『法科大学院』というところができ、そのコースを終了することになれば、新司法試験を受験することが可能な資格を獲得することができます。
元々、公認会計士を狙うという場合では、完全独学にて合格への道を目指すという人が少ない状況であり、現状他の資格試験と比較して、使えそうな市販教材なんかもそれ程、取り揃っておりません。
言ってしまえばオール独学でも、ちゃんと、公認会計士の担う働きにつきましてマスターできるなら、合格ゲットも実現可能です。しかし、それにはよほどの、長い学習時間を保持することが不可欠であります。
このWEBサイトについては、プロの公認会計士が、公認会計士試験の能率的な勉強法を伝授し、また様々な公認会計士資格専門の通信講座の受験生間においての人気の現状、リアルな意見などの情報をコレクトし、紹介している情報サイトとなっております。
非常に難易度が高いとされる資格試験になっておりますけど、各科目ずつ1回1回別に受験可能であるんで、そのせいもあり公認会計士試験に関しましては、従来より毎年約5万人の受験生が受験を申込する、難関の試験となっております。

公認会計士試験の勉強をやる上で、集中力を保持し続けることが出来なかったり、モチベーション維持やコンディションを整えることが辛かったりといういくつか難点も感じておりましたが、総合的に見たら通信講座を選んで、資格をとることが出来たという結論が出ています。
言うまでもありませんが、公認会計士試験といいますのは、半端な行動では合格へつながらない、困難な試験だというように強く思います。要するにちょっとでも空いた時間があれば出来るだけ効率よく費やしながら学習を行った人が、結果合格することが可能な試験なのであります。
どんな種類の予想問題集などで習得するか以上に、どんな種類の工夫された勉強法で突き進むのかの方が、殊に公認会計士試験での合格には大事であります。
2006年度から、公認会計士試験に関しましては、グンと修正がされました。一般科目よりも法令科目が、主要となり、筆記試験では多肢択一式問題ですとか、記述式問題(小論文)のような新たな傾向の問題も出てきました。
実際に事前の法律の知識になんて一度も触れたことなど無いのに、短期間で公認会計士試験で合格を獲得する先輩もいたりします。彼らの過半数以上に共通する部分は、自身にピッタリの「質の高い勉強法」を見い出せたということです。

総じて、公認会計士試験に一切独学で合格を目指すのは、簡単にできることではないという真実を先に確かめておきましょう。そのことは従前の合格率の値が10%を超えない結果をみるだけでも、ありありと思い至ることです。
基本的に会計分野の簿記論は、把握しないといけない内容量は多いですが、ほぼ全部計算問題メインにてつくりだされているため、公認会計士資格は法律系資格のうちでは、他より独学で行っても、取り組みやすいカテゴリーの試験科目といわれております。
大半の資格専門学校は、公認会計士向けの通信教育が取り扱われています。それらの中には、携帯型デジタル音楽プレーヤーなどを利用して、時代に即した新たな通信教育を開いている、専門スクールというのもあります。
今の時代は公認会計士試験合格対策の、ホームページや、プロの公認会計士が、受験者達用にメールマガジン等を発信していて、情報力や意気込みを長期間保ち続けていくためにも役立つものではないかと思います。
一昔前までは公認会計士試験の受験は、他よりも手に入れやすい資格などと知られておりましたけど、今は大層ハードルが高くなっていて、かなり合格することが困難であるという資格の一つになります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|可能でしたら危... | トップ | 公認会計士|公認会計士の資... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL