国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|実際に国家試験の公認会計士試験の合格率の割合は…。

2017-06-14 13:20:02 | 日記

実際に国家試験の公認会計士試験の合格率の割合は、概ね1割と、高難易度とされております割には、比較的高い合格率となっております。だけども、一度の挑戦で合格実現を果たすというのは、可能性がほぼゼロであると言われているみたいです。
いくつかある国家試験でもナンバー10に入る高い難易度という公認会計士試験は、全11分野の法律の中から複数の問題が出題されるので、合格をゲットするためには、1年近くの取り組みが必須であります。
勿論のこと独学の勉強法にて、資格試験に合格をするのは、無理ではありません。しかし、毎年公認会計士の試験につきましては10人受けても、1人でさえも受からないようなハードルの高い試験といわれています。それを乗り越えるには、確実な勉強スタイル・術を会得することが求められます。
資格専門スクールの公認会計士対象の講座を受講できたらと思ってるのですが、すぐ近くには専門学校が一つもない、仕事が忙しく休みがとれない、家の用事などで学校に行く時間がないなどの人を対象とし、個々の学校では、家で勉強することが可能な通信講座を展開しています。
一般的に、公認会計士試験にたった一人で独学で合格を叶えるのは、超難しいことという現実を確認しておきましょう。それに関しましてはこれまでの合格率の数字が10%超えしない事柄からも、明白に認識することができるでしょう。

簡単に言うと実際「足切り点のライン」といった受験のシステムが、公認会計士試験にはございます。簡単に言うならば、「定める点数を満たしていないケースですと、通過できずに不合格となりますよ」というような点が設定されております。
実際に合格率3%程度の難易度の高い、公認会計士試験に合格するつもりなら、オール独学での勉強だけで臨むのは、容易に事が運ばないようなケースが多く存在し、専門学校に通うかもしくは、通信教育を受講して試験勉強するのが一般的といえます。
毎度大抵、公認会計士試験の現実的な合格率については、ほぼ2〜3%強といわれています。勉強にあてる総時間数との両者のバランスの様子を見てみますと、公認会計士の国家試験がどれ程狭き門か見てとれるかと存じます。
一般的に9月に入ってから、来年の公認会計士試験に臨むために取り組み始めるという方たちも、多くいらっしゃるのでは。1年ぐらい長い間やり通す受験勉強では、自分に最も合う勉強法で取り組むことも必須でございます。
試験まで学習時間が昼夜たっぷり確保できる人は、標準的な勉強法でやり通すことで、公認会計士試験の合格も実現可能ですけれど、普段から仕事に追われているなど忙しい方には、適切な対策とは断言できません。

つい最近は公認会計士試験に打ち勝つための、インターネット上のサイトページであるとか、現役で働いている公認会計士が、受験生たちに向け勉強のコツなどを教えてくれるメルマガ等を発信中で、情報処理力はじめ積極的な精神をキープするためにも利用できるものです。
どういう問題集を利用して勉強に取り組むのかなんてことよりも、どんなタイプの勉強法を取り入れ学んでいくのかという方が、はるかに公認会計士試験を通るためには重要だと言えます
高い網羅性を誇っている学習書にさえ記載されていない、情報が必要とされる問題が出たときは、速やかに諦める選択をしましょう。完璧を狙わず割り切るようにすることも、難易度レベルが高い公認会計士試験で合格を得るためには、重要な点なのであります。
一般的に司法試験と類似した勉強法で進めると、0からはじめる公認会計士試験に的を絞った受験生に比べてみて、勉強にかける量が大量になりやすい傾向です。それに加えて妥当な結果は得られず、コストと効果の関係がアンバランスです。
公認会計士の役割を果たす街の法律屋さんとして、法律問題で困っている人をお手伝いすることを担う公認会計士に関しましては、名誉あるとされる資格です。だからこそ、試験の難易度についてもかなり高難度となっております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|わかりやすく言... | トップ | 公認会計士|一昔前までは合... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL