国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|中には30万以上…。

2017-06-17 15:20:03 | 日記

色々利点がある、公認会計士スクール通学での効率イイ勉強法ですけれども、数十万円というそれ相応の受講料が必須なため、誰でも参加できるものじゃないのも事実です。
公認会計士対象の通信講座として、最もオススメのものは、東京リーガルマインド(通称:LEC) です。使っている専門のテキストは、公認会計士受験生のうちで、最良の専門テキストとして評判が高いです。
実際難易度がめちゃくちゃ高い資格の試験であっても、1つの科目ごとに分けて受験可能なことなどから、そのせいもあり公認会計士試験に関しましては、例年5万人位の方が受験に挑戦する、国家試験です。
現実的に、公認会計士試験に独学の勉強法で合格を狙うのは、とても難しいという真実を先に確かめておきましょう。それに関しては各年の合格率の割合が10%に至らない事柄からも、明白に推察できることです。
基本的に消費税法に関しては、公認会計士試験の受験科目の中では、過度に難易度は高度になっていなくて、簿記についての基本的な知識をいくらか持つことができていれば、相対的に厳しいこともなく、合格判定を得ることが実現できるはずです。

1年に1度、大よそ2万・3万人が試験に挑み、そこから600人〜900人位しか、合格が難しいです。この現況を鑑みても、公認会計士試験難易度が超高いというのが判別できるといえます。
中には30万以上、それともまたプラス20万の合計50万円以上の、公認会計士資格取得の通信講座もよくあります。ちなみに受講する期間も、1年以上位の長期スケジュールの教育コースになっていることが、しばしばございます。
実際スクールの公認会計士講座を受講したいけれども、すぐ近くにはスクール無し、仕事がとても忙しくて時間がとれない、家事等で通学する時間を持つことができない等の人向けに、各学校では、手軽な通信講座を開いています。
毎年公認会計士資格の合格率は、おおよそ1.75%というデータが出ています。最近では、日本にもアメリカ合衆国のロー・スクールをモデルとして法科大学院というのが設けられ、そこでの教程を終えれば、新司法試験を受ける資格+法務博士の学位を獲得することができます。
当インターネットサイトは、経験豊かなベテラン公認会計士が、公認会計士試験の能率的な勉強法を助言し、且つ沢山の公認会計士資格の通信講座の受験生間においての人気の現状、リアルな意見などの情報を収集し、解説をアップしている専門サイトであります。

実際公認会計士試験の合格率のパーセンテージは、およそ10%程度と、高難易度とされております割には、高めの合格率となっています。けれども、初めてのチャレンジで合格を手にするのは、限りなく0%に近いと言われている様子です。
どんな問題にも「法律をモノサシに考えることが可能な人物」であるかそうじゃないかをまるで問われるような、著しく高難易度の法律系国家試験にチェンジしてきたのが、近ごろの公認会計士試験の実態というように思います。
5教科合格を実現するまで、長期間にわたってしまう公認会計士受験においては、学習を継続することが出来る環境が維持できるかどうかが、決め手で、通信教育での勉強法を選ぶ場合は、一段とそういったことが関係します。
かいつまんで言えば「足切り点」(ボーダーライン)というような怖いシステムが、公認会計士試験におきましてはございます。これはつまり、「一定の成績に足りていないなら、不合格の判定になります」という水準点が設けられているのです。
法令系の国家資格であって、専門知識が要求される業務を担う、公認会計士&公認会計士ですけれども、実際の難易度としましては公認会計士の方が難関で、合わせて執り行う業務の詳細にも、結構相違点が存在しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|高い網羅性を誇... | トップ | 公認会計士|実際に公認会計... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL