国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

【社訓】会計士|会計士の国家試験制度の変更に伴って…。

2017-07-12 13:40:02 | 日記

通常多くの人たちは、名が通った通信教育の会社だからとかの、根も葉もない不確かな所以で、向こう見ずに通信教育を選んでしまっています。だけれども、そうしたことで難関国家資格とされる会計士に、合格することは難しいでしょう。
一般的に通信教育では、どちらの学校でも会計士試験に絞った対応措置を万全にした、試験専用のテキストやDVD教材が揃っているので、独学と比較して学習のスタイルが会得しやすく、勉強を効率的に進めやすいと断言します。
通学での講座と自宅にいながらの通信講座のコースを組み合わせて受講できるようになっている、学校「資格の大原」に関しましては、ハイクオリティの教材と、プロの講師陣によって、昔からずっと会計士合格者数の50%以上を世に送る輝かしい実績を誇ります。
実際消費税法の内容は、会計士試験の受験科目の中では、あんまり難易度は厳しくなく、簿記の基本の知識を押さえておくことにより、割と楽に、合格するのに必要な6割以上の点数をとることが可能となるでしょう。
数年前までは会計士試験の受験は、割かし取得できやすい法律系資格だなんて言われていたわけですが、今はすっごくハードルが高くなっていて、何より合格をゲットすることができないという資格とされています。

合格が叶わず不合格になった際の、合計勉強時間の危険性を考えますと、会計士資格を取得する受験は学校が開催している通信講座、OR直に専門学校をセレクトするのが、安全性アリではないでしょうか。
学習にあてることができる時間が昼夜たっぷりつくることができます受験生の方は、ベーシックな勉強法を行えば、会計士試験をパスすることも有り得ますが、別の仕事を持っているなど多忙な人に対しましては、いいやり方だとは言えないでしょう。
予備校の会計士講座を受講したいけれども、近隣地域に専門学校ゼロ、毎日仕事が忙しくて手一杯、学校に行くような時間を確保できないとした受験者のために、各々の学校にて、好きな時間に勉強すればよい通信講座を設けています。
実際に会計士試験は、難易度が高いと言われております、法律系の国家資格の内の1つです。当サイトでは、目標の会計士試験に一発合格するための有益な勉強法などを、自分自身の合格出来るまでの実体験をもとにしてアップします。
実際従前から、法律知識がゼロの段階から着手して、会計士試験合格に必要とされております勉強への取り組み時間は、「3000時間前後」と言われております。現実的に見ても、初回で合格を叶えた受験者の勉強時間数は、約3000時間くらいとなります。

合格者の合格率7%に満たないと、会計士試験は非常にハードな難易度の試験の一つです。とはいえ、過度に臆する必要はありません。必死に頑張り続ければ、学歴・経験など関係なく誰でも絶対合格は目指せるでしょう。
合格率3%くらいしかない茨の道の、会計士試験において合格を獲得するには、一から独学での試験勉強だけでは、厳しいことがよくあり、専門の予備校に通学するかあるいは、通信教育にて学習するのが一般的といえます。
会計士の国家試験制度の変更に伴って、かつての運次第の賭博的な面が取り払われ、まさに器量があるか否かが見極められる高難度の試験へと、会計士試験はベースからチェンジしました。
最初から独学のみで勉強するほどの、十分な自信は持っておりませんが、自身のコンディションに沿って学ぶことができたら方には、どちらかといえば会計士の通信講座を受講した方が、相応しい進め方での勉強法でしょう。
すなわち会計士試験については、会計士として活動するのに要必須な造詣の深さ、そしてそれを応用する能力を有するか否かを、チェックすることを1番の目的に、公的に開催されている難易度の高い国家試験です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【未経験】会計士|街の法律... | トップ | 【エキスパート】会計士|ユ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL