国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|高い網羅性を誇っているテキストであれど掲載が行われていない目にすることの無い…。

2017-06-17 13:10:03 | 日記

確かに公認会計士試験に挑戦する場合には、全身全霊を傾けないと満足のいく成果がみられない、ハイレベルな試験であるといったように思えます。つまるところ費やすことができる貴重な時間をなるべく合理的に利用して試験勉強に励んだ受験生が、結果的に合格できる試験といえるのです。
以前は合格率10%以上の台が定番になっておりました公認会計士試験だったけども、今では、10%よりも低い率で滞っています。合格率一桁の台というと、難易度が厳しい国家資格であるとして、捉えられるでしょう。
実際事例や演習問題で理解を深化させしっかり基礎を固めた後、試験対策の全体問題演習へと転換していく、いわゆる王道の勉強法で取り組むのが、公認会計士試験のうちの試験科目の簿記論にとっては、実に役に立つようです。
結局のところ、勉強スタイルは各人により違い独学しようとも、ちゃんと、公認会計士のやるべき中身について習得できるんであれば、資格を有することは可能となります。とは言っても、それについては物凄い、何ヶ月も取り組む必要性があるのです。
当然公認会計士資格試験で合格を得るには、しっかりした勉強法でのやり方が、極めてマストです。このサイト上では、公認会計士試験当日の日程やまた高精度のテキストの選び方など、受験生を対象に有益となる様々な情報を発信しています。

今の公認会計士試験に関しては、基本記述式の筆記試験だけしか存在していないというように、認識して構いません。そのワケは、面接での口述試験に関しましては、ほとんどの方が落ちるなんてことの無い難易度の低い試験のためでございます。
高い網羅性を誇っているテキストであれど掲載が行われていない目にすることの無い、より深い知識が要求される問題に関しては、キッパリ諦める選択をしましょう。いさぎよく切り捨てるのも、難易度が超高いとされる公認会計士試験で合格を得るためには、重要とされます。
大抵の人は、名の知れた業者だからとか、無根拠の不確かな所以で、安易に通信教育を選んでしまいます。ですが、それでは難易度が高い公認会計士に、合格できるはずはないといえます。
実を言いますと、公認会計士の試験を受ける場合は、予備校に通学せずに独学で合格を目指そうとする受験生が少数ということが影響して、他にある法律系資格と比べますと、役立ちそうな市販の参考書なども十分に、本屋さんに売っていません。
通信講座の場合は、公認会計士ないしは公認会計士であっても、いずれとも受講者のお家まで教科書などを送って頂けるため、各々の空いた時間に、習得するということができるんです。

現実全科目での合格率の平均数値は、全体から見て10%〜12%あたりであり、その他の高難易度の資格と見比べて、合格率が上であるように見えてしまいますが、これに関しましてはそれぞれの科目の独立の合格率とされ、公認会計士試験オールでの合格率では、決してないのです。
公認会計士試験に関しましては、各科目でわずか2時間しか受験の時間が割り当てられていません。その時間内に、より高い合格点を獲得しないといけないため、もちろんスピード&正確さは絶対に必要です。
本来公認会計士試験は、やさしい試験とはいえません。毎回合格率は、僅か1割前後。しかしながら、一回に限った試験で挑むのではなく、何年間かに分けて合格を志すのなら、著しく実現できないことではないです。
実際に、公認会計士試験にオール独学にて合格を可能にするというのは、とても難しいという事実をしっかり見定めておくようにしましょう。毎年の合格率が全体の10%を超えることのない結果をみるだけでも、ありありと推察できることです。
毎回、公認会計士試験合格者の合格率は、約2〜3%辺りとされます。必要なトータル勉強時間との相互バランスに注目すると、公認会計士資格取得試験がどんなに高い難度であるか見通すことができるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|現実的に公認会... | トップ | 公認会計士|中には30万以上…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL