国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|難所である税法の科目「理論暗記」を主として…。

2017-06-16 06:20:02 | 日記

実際公認会計士の合格率の値は、およそ1.75%ぐらいと知られております。近ごろでは、法律を専門に学ぶ法科大学院といったものが設けられて、その教科過程を終了することになれば、新司法試験を受験することが可能な資格を得ることが出来ます。
公認会計士試験の勉強をしている折には、集中力が長く続かなかったり、いつもモチベーションを保持し続けることが辛かったりという短所も見られましたが、全体として通信講座を選んで、満足のいく結果が出たといったように考えております。
公認会計士については、もしわざわざ専門学校に通わず独学であっても合格出来てしまう資格の1つであります。中でも只今、仕事をしている人たちがいざ一念発起で挑む資格としては将来性がありますが、残念ながらめちゃくちゃ高い難易度となっています。
一般的に通信で講座が学べるスクール及び詳細内容等も大変多種多様であります。それゆえ、とても多くの公認会計士対象の講座の中で、忙しい受験生でも自分のペースで学ぶことが可能な、通信講座アリのスクールを見比べてみました。
実際司法試験と近い勉強法で実行するのは、0からはじめる公認会計士試験に限る受験生よりも、勉強のボリュームが大量になりやすい傾向です。かつさらに有益な成果は無いに等しく、コスト(費用)とパフォーマンス(効果)のバランスが悪いです。

色々利点がある、公認会計士の予備校通学でのノウハウがつまった勉強法ですけれども、通常十万円以上のそこそこの額が必須ですから、受験生皆が通学できるものじゃないのも事実です。
本来合格率といいますと、公認会計士資格の難易度のレベルをチェックする判定基準の一つなわけですけれど、今日、この%の数字が間違いなく下り坂になっており、受験生の皆さんの関心が深くなっています。
元より公認会計士試験の受験というのは、半端な行動では合格へつながらない、難しい試験だと心底思います。つまるところ費やすことができる貴重な時間を最大限に費やしながら学習に努めたという方のみが、結果的に合格できる試験といえるのです。
難所である税法の科目「理論暗記」を主として、公認会計士試験の勉強法のコツや頭脳の訓練、速聴や速読といったことなどについても完全に追求!このこと以外にも効率イイ暗記法でありましたり、勉強を行う時に、重宝するお役立ちツールを掲載していきます。
本来公認会計士試験は、超難しいです。合格率というのは、およそ全体の10%程度です。けれども、一回に絞った試験でチャレンジせず、何年もかけることで合格を獲得しようというのであったら、そんなに実現困難なものではないのです。

昨今の公認会計士に関しましては、スゴク難易度高の試験内容になっており、選んだ通信教育の良し悪しで、受かるか・落ちるかが決まります。ですけど、種々の会社が見られ、どこを選択するとベストなのか、思案する人も沢山いらっしゃるかと思います。
現実的に科目合格制という制度がとり入れられているが故に、公認会計士試験は、仕事を持っている社会人の方たちも受験にトライしやくなっておりますが、同時に受験生活の期間が長い間になる嫌いがあります。よって先輩合格者方の勉強法の内容を参考にするとよいのではないかと思います。
実際従前から、法律の知識無しの状況から取り掛かって、公認会計士試験合格に最低限必要とされる総勉強時間は、「3000時間程度」と伝えられています。調べてみても、一回目で合格をゲットした人のトータル時間は、平均的に3000時間となっております。
勉強時間が生活の中でいっぱいあるという人でしたら、通常の勉強法を取り入れることによって、公認会計士試験をパスすることも有り得ますが、常日頃会社など日常生活で暇が無い人に対しては、最善な方策だとは言えないと思われます。
今日び合格率1割に届かないと、公認会計士試験はとても厳しい難易度の難関の試験といえます。とはいえ、過剰に怖気づくことはないです。全力を注げば、どなたでも着実に合格は得られるはず!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|公認会計士の通... | トップ | 公認会計士|科目合格制が設... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL