国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|現実会計事務所やもしくは公認会計士事務所に就職し…。

2017-06-19 02:30:04 | 日記

合格率に関しましては、公認会計士試験の難易度加減を確認できる明白な指標のひとつとなっていますが、ここにきて、この値がありありとマイナスになってきていて、受験生に大きな関心をもたれています。
現実会計事務所やもしくは公認会計士事務所に就職し、経験値を積み増しながら、じっくりしっかり学ぶといった人は、どちらかといえば通信講座の方がピッタリ合っているといえます。
関門であるといわれております「理論暗記」から公認会計士試験の効率良い勉強法、なおかつ脳力開発、速聴・速読力を磨く強化メソッドに関してもオール調査!このこと以外にも効率イイ暗記法であったり、学習に、貢献する&実践的な各種ツールなどをこちらで色々ご紹介します。
現実30万円以上から、さらに時には50万円以上の金額の、公認会計士の資格の通信講座もよくあります。そうして受講期間についても、1〜2年の長期スパンの講座コースを設けられていることが、ままあります。
合格を勝ち取ることが出来なかった場合の、合計勉強時間のムダを思いますと、公認会計士資格試験に向けてはスクールの通信講座、また学校での通学講座コースを選ぶのが、間違いないものと言えそうです。

今後資格をとるため試験勉強を始める受験生にあたっては、「公認会計士試験においては、どれだけの学習時間をかけたら合格が叶うの?」なんかは、当然知っておきたい点ではないでしょうか。
輪にかけて難しいと誰もが知る公認会計士試験の難易度に関しては、めちゃくちゃキツイ様子で、合格率の平均値も3%以下と、国家資格の中で見ても、ハイレベルとされるまさに難関試験とされています。
通信講座受講の場合には、公認会計士であれど公認会計士であれど、いずれも指定先まで教科書などを配送して貰えますので、ご自分のペースで、勉学にいそしむということができるんです。
通信講座(通信教育)については、教材の精度の高いOR低いが合否を分けるものです。ここ最近はDVDだとかネット経由の動画配信などの映像での授業も豊富に揃っていますが、公認会計士の専門学校により、教材内容はかなり異なります。
科目ごとの合格率の比率につきましては、大まかに1割強と、各々の教科とも難易度が高度な公認会計士試験は、社会人も受験しやすい科目合格制度ですから、日中も働きながら合格することも現実にできる、資格なのです。

一般的に公認会計士試験は、高い難易度を誇る国家資格試験となっているんで、まず専門の資格学校に入学した方が、無難な選択です。だけど、たった一人で独学で進めても、スゴク効率がある等の成果も見られたりするのです。
法律系の大学を卒業していなくとも、またド素人であったとしましても公認会計士を目指せますが、それだけに一切独学で取り組むという人なら、寝る間を惜しむくらいの勉強することもマストなことです。小生もオール独学で合格を手に入れたため、そのことを思い知らされています。
課税等の消費税法は、公認会計士試験の科目内では、過度に難しい難易度ではなく、簿記の基本の知識を押さえておくことにより、割と容易く、合格ラインに達するといったことが可能となります。
簡潔に言うと独学しようとも、キッチリ満遍なく、公認会計士の知識についてモノにするといったことができるんならば、資格を有することは可能となります。とは言っても、そのようにするためには非常に、長期間にわたることが絶対に必要となります。
合格率の値が全体から見て7%のみといったら、公認会計士の資格試験としてはかなり難易度が高くって狭き門のように思ってしまいますが、特定の基準に基づいた6割を超える設問がキッチリ解けたならば、合格判定は絶対でしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|ベテランの先生... | トップ | 公認会計士|可能でしたら危... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL