国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|元来通信教育(通信講座)は…。

2017-05-14 06:00:03 | 日記

元来通信教育(通信講座)は、テキストなど教材一式のレベルが全てを左右してしまいます。今日ではDVDはじめPCで見るオンライン配信のような映像を使ってのツールも増えておりますけど、公認会計士の専門スクール毎で、その中身はかなり異なります。
実際に法律を専門に学ぶ法科大学院卒業者であっても、合格できないことがあるわけですので、つぼを押さえた効率的な勉強法をよく考えて取り組みを行わなければ、公認会計士の試験で合格を獲得するといったことはハードとなるでしょう。
総じて、公認会計士試験に完全に独学で合格するといったことは、超難しいことという現実を確認しておきましょう。例年の合格率が1割を超えることのない現状によりましても、疑う余地もなく想像できるはずであります。
現実的に大部分の人は、知名度の高い会社であるため安心といった、何の根拠も見られない不確かな所以で、通信教育をセレクトしてしまいます。しかしながら、そうしたことで絶対に公認会計士に、合格できるはずはないといえます。
全部独学だけに限定して学習するほど、十分な自信は持っておりませんが、自身のコンディションに沿って学んでいきたいという人の場合は、公認会計士対象の通信講座を選択した方が、好都合な勉強法であります。

元々、公認会計士になろうとする場合におきましては、一から独学で合格を獲得しようとする人が僅かということも関係し、公認会計士を除く他の資格試験と比較して、市販のテキストブックもさほど、本屋さんに売っていません。
超難関の法律系の国家資格とされている、専門性が高い業務を執り行う、公認会計士と公認会計士でございますが、難易度を見ると公認会計士の方が難関で、それだけでなく携わる仕事の中身にも、かなりそれぞれ違いがあるものです。
基本的に公認会計士試験に関しましては、メチャクチャ難易度が高いです。合格率の平均は、大体10%ほどです。けれど、一回きりの試験で臨むのではなくて、何年間かかけて合格を狙うつもりなら、そんなにやれないことではないです。
難しい国家試験の公認会計士試験については、普通の努力では合格は無理。それもましてやたった一人で独学にて合格を狙うのは、寝る間を惜しんで勉学に励まないとなりません。そんな中少しでも手助けできる応援サイトとして活用してくれたら嬉しい気持ちでいっぱいです。
科目合格制となっております、公認会計士試験の資格の取得は、1度の機会に、5種の分野の科目を受験することは必須ではなく、時期を分けて一つの科目ごとに受験してもよい仕組みです。合格できました科目に関しては、公認会計士の資格をとるまで合格は取り消されません。

平成18年の法令変更により、公認会計士試験制度については、かなり改正がなされました。憲法・民法などの法令科目が、重要視され、筆記試験では多肢択一式問題ですとか、記述方式問題みたいなこれまでになかった形式の問題も登場しています。
公認会計士試験においては、リアルに合格率が6%位という統計が出ており、事務系国家資格のジャンルでは、難易度高の資格に入っています。けれども実際のところ、全ての試験問題の中少なくとも6割正解できたら、間違いなく合格するのです。
公認会計士試験制度の内容の手直しと一緒に、かつてのどう転ぶか分からない博打的な内容がカットされ、極めて技能の有無を品定めされる資格試験へと、今日の公認会計士試験は刷新したのです。
果たしてどんな教材で勉強に取り組むのか以上に、どんな種類の効率的な勉強法で臨むのかといったことの方が、間違いなく公認会計士試験で合格のためには重要なのです。
現時点、または近々、公認会計士に一から独学で挑戦する人に対して作成した、情報配信サイトになります。サイトの中におきましては合格を実現するための工夫や、現場の仕事内容、並びに仕事の魅力などをお届けしています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|こちらのサイト... | トップ | 公認会計士|通常公認会計士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL