国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

【開業】会計士|全部独学でやっていて…。

2017-07-31 03:40:05 | 日記

根本的に会計士試験の特徴点としまして、規準に沿って評価を実行する試験で行われていて、合格人員数をはじめから確定していため、つまるところ出された問題の難易度のレベルが、ダイレクトに合格率に深く影響します。
日本でも上位に入っている位の難易度が高い会計士試験の中身は、全11分野の法律の中から広く難しい問題が出るため、合格したいなら、長いスパンでの十分な試験勉強が必要でございます。
簡単に言うと実際「足切り点」(定められた基準点)という注意すべき制度が、会計士試験には存在します。これはつまり、「一定ラインの点数に足りていないなら、落ちますよ」との数値が存在しているのです。
法律系の学校を出る必要性も、及びNO知識&経験であれど会計士の職に就くことはできますけれど、その分だけ独学スタイルなら、寝る間を惜しむくらいの勉強することも確実に要求されます。当方も独学スタイルで合格を得たので、それをかなり実感しております。
試験を受ける前に会計事務所やまた会計士事務所にて、経験&実力を積んで実力をつけながら、マイペースでしっかり学ぶというような方でしたら、どちらかといって通信講座(通信教育)がベターだろうと思います。

実際全科目における合格者の合格率の平均は、約10〜12%であって、他のハイレベルな資格よりも、合格率が大分高いように捉えやすいですけど、それにつきましては各々の科目の合格率の数字でありまして、会計士試験そのものの合格率ではございませんから、忘れないようにしましょう。
予備校の会計士を対象としている講座を受けて勉強したいのですけれども、近所に学校が存在していない、仕事が忙しく休みがとれない、学校に行くような時間を確保できない等の人向けに、それぞれの学校では、手軽な通信講座を開校しております。
メリットが多くあげられる、会計士の資格学校に足を運ぶ効率イイ勉強法ですけれども、通常十万円以上のそれ相当の投資が求められますから、受験する人が全員受講することが出来るものではないと断言できます。
繰り返し演習問題で理解度を高めて基礎を築いた後、実践的&総括的な問題へとスキルアップしていく、古典的な勉強法を採用するのが、いざ会計士試験の簿記論対策に、かなり効果的みたいです。
目下、もしくは後々、会計士に一から独学で挑戦する方々あてにつくった、会計士のための専門サイトとなっております。例えば合格を勝ち取る為の鍵ですとか、現場での仕事の流れ、加えてその魅力的な部分をお知らせしております。

今から資格試験に向けて試験の勉強に着手する方にとっては、「会計士試験については、どれぐらいの勉強時間を費やせば合格が叶うの?」等が、当然気になるところでしょう。
全部独学でやっていて、試験までの日程管理及び勉強の仕方などなど、不安な点があるといったような場合は、会計士試験対象の通信講座(通信教育)を受講するのも、1つの進め方といえるでしょう。
過去に日商簿記試験1級・2級を完全に独学にて、合格を得た方でありましたら、会計士試験においての簿記論、財務諸表論の計算問題メインの2教科に対しては、そちらも両科目独学で試験に合格するのも、高難度な挑戦ではないのでは。
法人の所得税について定められている法人税法は、経営を行っていくにあたって、決して欠かすことの出来ない基本の知識です。しかしながら、記憶するべき事柄がめちゃくちゃあるので、受験生の間では会計士試験の最大の壁等と表現されていたりしています。
もとより独学でやって、合格を得るといいますのは、決して不可能じゃないでしょう。しかしながら、例年会計士については全10名受けて、合格者が0人のケースもある間口の狭い試験とされております。試験に通るためには、早期に正しい勉強の仕方・コツを確立する必要があります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【プロデューサー】会計士|... | トップ | 【マーケティング】会計士|... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL