国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|通常公認会計士試験は…。

2017-05-14 13:30:04 | 日記

実際公認会計士試験の勉強については、集中力を保持し続けることが出来なかったり、いつもモチベーションを保持し続けることがハードに思えたりデメリットな部分も存在しましたが、全体を通して通信講座を受けて、満足できたように思われます。
実際全科目における平均合格率の数字につきましては、10〜12%程度となっていて、他のハイレベルな資格よりも、高い合格率に捉えやすいですけど、それについては各教科の合格率の値であり、公認会計士試験トータルでの合格率ではございませんから、忘れないようにしましょう。
ここ数年の公認会計士は、相当高難易度の試験で、いずれの通信教育を選ぶかによって、合否が決まると言っても過言ではありません。ですけど、色んな会社が軒を連ねておりどの会社を選ぶとベストなのか、決めかねる受験生も多いと存じます。
世間的に公認会計士の資格取得は、法律系資格試験の門戸の狭い入口ながらも、幅広い年齢層に大人気となっているわけですが、晴れて合格した先には、自分で事務所などを設けて、営業をスタートすることも出来る法律系国家試験の一つです。
日商簿記検定で1級または2級を独学の学習で、合格を勝ち取った受験者なら、いざ公認会計士試験の簿記論・財務諸表論の2種教科に関しましては、ある程度慣れているから独学で合格を叶えるのも、決して難しい事柄ではないといえるかもしれません。

法令系の国家資格であって、非常に専門的な業務を執り行う、公認会計士や公認会計士でありますが、難易度を比べますと公認会計士の方が難しいとされており、それに伴い業務の詳細につきましても、随分異なりがあります。
通常公認会計士試験は、1つの科目で各120分しか試験時間がないものです。受験者はその中で、合格点数を絶対にあげないといけないので、やっぱり素早さは最低限必要であり合否に影響します。
公認会計士資格に必須の簿記論は、会得しないといけない中身は膨大なのですが、その大部分が計算形式の問題にて構成がなされているため、公認会計士に合格するには他の国家資格と比べても、独学で取り組んだとしても、勉強がとりかかりやすいタイプの科目に当たります。
資格取得が難しい試験といわれる公認会計士試験を受験する際には、本気で取り組まなければ合格することはできません。さらにまた独学にて合格を叶えるというのは、超頑張らないといけません。そんな中少しでもサポートすることができるホームページとして使用してくれればハッピーです。
現実的に専門知識が要求される法令の中身で、難易度が大変高いわけですが、原則的に公認会計士試験については、科目ごとの合格システムを設けているので、教科をひとつずつ一年に一度5年かけて合格を積み重ねていっても、オッケーとされている試験となっています。

昨今の公認会計士試験においては、現実筆記形式の試験しか無いと、思っていて構わないといえます。何故なら、口述試験に関しては、9割の確率で落ちるはずがない簡単な程度の試験だからであります。
実際従前から、法律の知識無しの状況から取り組んで、公認会計士試験合格に要する勉学に対しての累計時間は、「3000時間ほど」とされております。現実確かに、ストレートで合格した人たちの受験勉強時間は、3000時間ちょっとという数字が挙げられています。
各教科の合格率のパーセンテージは、概ね10%そこそこと、どの科目もそろって難易度高の公認会計士試験は、いわゆる科目合格制であるため、会社で働きながら合格を獲得することができる、資格でございます。
資格試験を受験する前に会計事務所あるいは公認会計士事務所で働いて、現場で実戦経験を積みスキルを磨きながら、マイペースで勉強していこうとした方は、どちらかといって通信講座(通信教育)が1番合っていると思われます。
従来より毎年、2、3万人辺りの受験者が挑戦し、その中の600人〜最高900人前後少々しか、合格することができません。その点を見ても、公認会計士試験の難易度の加減がわかるものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|元来通信教育(... | トップ | 公認会計士|ここ数年…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL