国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|実際とても難しいとされております公認会計士試験の難易度につきましては…。

2017-05-20 09:10:02 | 日記

ベテラン講師達の講座をその場で受講できる通学するメリット面に関しましては、魅力あることですが、ずっと積極的な姿勢さえ保つことが出来れば、公認会計士向けの通信教育で講座を受講することにて、バッチリ実力を育むことが可能だと思います。
無論、公認会計士試験に挑む際においては、一生懸命にやらないと合格できない、難しい試験だと心底思います。即ち少しでも使える時間があったら最大限に費やし勉強を継続した努力家だけが、結果的に合格できる試験といえるのです。
基本的に通信講座を受けることになると、公認会計士であれど公認会計士にしても、両方ご自宅宛でテキスト一式を配送して貰えますので、各人の好きな時に、学ぶのが可能です。
公認会計士試験を受験するときは、基本筆記試験しか無いというように、思っていいです。どうしてかと言えば、面接での口述試験に関しましては、ほとんどの方が不合格とはなり得ない難しくない試験とされているためです。
押しなべて、公認会計士試験にたった一人で独学で合格を狙うのは、超難しいことということを覚えておくといいでしょう。そのことは従前の合格率の値が10%超えしないデータによっても、明らかに思い浮かべることができるはず。

すでに日商簿記2級や1級の資格を独学スタイルで、合格を勝ち取った受験者なら、公認会計士試験での試験科目の簿記論とか財務諸表論の2つの教科に限りましては、ベースを理解しているため独学にて合格を実現しようとするのも、ハードルが高いことではないといえます。
合格率僅か2〜3%の高難易度の、公認会計士試験にて合格をするためには、全て独学での試験勉強だけでは、厳しいことがよくあり、専門学校に通うか、家で通信講座を受けて試験勉強するのが大部分となっています。
難しい「理論暗記」を中心に取り扱い、公認会計士試験に向けての質の高い勉強法かつ効果的な頭脳エクササイズのやり方、速聴力&速読力に関しましても徹底的に追求!更には記憶術だったり、受験勉強に、実用的なツールなどなどを多種多様にお教えします!
毎回、公認会計士試験合格者の合格率は、大体2〜3%程度でございます。必要とされる合計学習時間との相互バランスに着目しますと、公認会計士の試験内容がどれほど高難易度の試験であるのか推測していただけると思います。
今の時点に皆さんが、公認会計士の受験・合格体験記録等を、いろいろと調べて読まれている目的は、おそらく、どういった勉強法やスタイルがあなた自身に適しているかということに、思い悩んでいるからでしょう。

原則的に公認会計士試験の特色に関しては、点数が全てを決める試験法となっており、試験合格者のマックスのキャパをのっけから定めていないので、つまり問題内容の難易度レベルが、確実に合格率につながります。
実際公認会計士の業種は、全て独学で行っても合格を叶えられる資格といえるでしょう。現時点で、仕事をしている人が頑張って取り組む資格としては現実味がありますが、残念ながらめちゃくちゃ高い難易度となっています。
オール独学で勉学するほどの、心の強さはありませんが、もし自分のペースにてコツコツ集中して学びたいという人には、やはり公認会計士の通信講座をセレクトした方が、好都合な進め方での勉強法でしょう。
基本特徴ある科目合格制というやり方でありますから、公認会計士試験につきましては、仕事を持っている社会人の方たちも受験に取り組みやすいながらも、一方で受験に取り組む期間が長めになる嫌いがあります。よって先輩合格者方のやってきた勉強法を参考にするとよいのではないかと思います。
実際とても難しいとされております公認会計士試験の難易度につきましては、めちゃくちゃ高いものとなっていて、合格率を見ても約2〜3パーセントと、法律関係の国家資格の中におきましても、トップを誇るまさに難関試験とされています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|さしあたって受... | トップ | 公認会計士|専門スキルの高... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL