国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|今諸君が…。

2017-05-16 03:30:02 | 日記

一般的に公認会計士試験は、これといった受験資格というものはなくて、学歴の有無は制限がありません。その為、それまで、法律の詳細な学習を全然やったことがないといった人であっても、頭の良い学校を出ていないという場合であろうと、そんなことは関係なく公認会計士資格取得はできます。
法人税法(所得税に関する一部を構成する法律)は、ビジネスを行うというケースにおいて、知っていなければいけない基本の知識です。さりとて、覚えるべきことが多く存在するため、公認会計士試験の教科の中にて高いハードル等と表現されていたりしています。
今諸君が、公認会計士合格の実体験を綴った体験記なんかを、あれこれインターネット等で拝見しておられるワケは、大抵、どうした勉強法・やり方が自分にとって最適であるのか、思い悩んでいるからでしょう。
頑張って資格を取得し、今後「独力で開拓したい」というような攻めのモチベーションを抱いている人なら、どんなに公認会計士資格の難易度がめちゃくちゃ高めでも、そんなような障壁なんかも確かに踏み越えることが可能だと思われます。
やはり公認会計士に合格するには、しっかりした勉強法でのやり方が、何より大事といえます。このウェブサイトでは、公認会計士試験の予定表をはじめとした質の高い参考書の選択法など、受験生向けの役立つ情報等を紹介しています。

網羅性の高い頼れるテキストであれど見たことのない、学識が求められる問題においては、即座に降参するようにしましょう。要するに気持ちを切り替えることも、難易度がめちゃくちゃ高い公認会計士試験に臨む場合には、大事なポイントなのでございます。
司法試験と同等な勉強法で取り組むと、0からはじめる公認会計士試験に的を絞った受験生に比べてみて、勉強にかける量が大変多量になりがちでございます。加えて思うような結末は迎えられず、努力した分だけの成果が得られません。
基本的に会計分野の簿記論は、理解するべき内容は実に多々ですが、総じて計算問題が主要にてつくりだされているため、公認会計士は、比較して独学で臨んでも、理解しやすい科目にあげられます。
つまり専門スクールに行かないでも独学しようとも、ちゃんと、公認会計士の知識について認識できるものならば、合格を目指すことは可能です。さりとて、これにはよっぽど、長い勉強時間を持つといったことが必要です。
超難関といったように言われております公認会計士試験の難易度は、超高度であり、毎年の合格率もほんの3%前後と、日本の国家資格の中でも、トップクラスに入る難関国家試験です。

資格をとるのがとても厳しい試験とされております公認会計士試験にトライする場合においては、中途半端な努力では合格を実現できません。それもましてやたった一人で独学にて合格を狙うのは、並大抵の努力では難しいです。ですがほんの少しでも便利なウェブサイトとして活用してくれたら嬉しい気持ちでいっぱいです。
非常に専門的な試験の内容ですから、難易度がとても高めでありますが、されど公認会計士試験では、5教科中の一部科目合格制度(1教科で試験の基準点を満たす)を起用しているので、それぞれ5年にわたり別々に合格しても、結構な国家試験なのです。
公認会計士対象の通信講座として、第一に効果的でおすすめなのは、法律系資格取得を支援しているLEC であります。取り扱っているテキストセットについては、公認会計士になろうと頑張っている受験生の中で、最も優れた指導書として評判が高いです。
通学講座&通信講座の2種を交互に受講可能な、専門スクール「資格の大原」に関しては、超質の高いテキストブックと、ベテランの講師たちにより、毎年公認会計士合格者の全体の1/2以上を世に送り出す輝かしい実績を誇ります。
本来合格率といいますと、公認会計士国家資格試験の難易度の高いOR低いかを指し示す明確な基準値のひとつなのですが、近ごろは、このパーセンテージがかなり下向きで、受験生の皆さんから広く関心を集めています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|一般的に…。 | トップ | 公認会計士|難易度が厳しい... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL