国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

【税理士事務所】会計士|大抵全ての科目の平均的な合格率の割合は…。

2017-07-18 05:50:03 | 日記

たった一人で独学での会計士試験の勉強法を決定する場合に、最大に障壁となり得るのは、勉学に励んでいる中にて分からないところが発生した場合があれど、誰かに質問するということができないことです。
合格にいたらず不合格だったときの、全体の学習時間のリスク度を案じると、会計士資格を取得する受験は専門学校の通信講座、あるいは通学しての講座受講を選択する方が、確実と言えるでしょう。
法律系の大学卒業の資格がないといけない必要も、またかつ全くの素人であろうと会計士になることは可能ですが、けれどもそれだけ独学で臨む場合は、勉強時間も要必須です。自分自身も知識・経験ともゼロの状態から独学で合格できたので、それをかなり実感しております。
現実会計士国家資格試験の合格率は、約1.75%とされています。近ごろ、国内でも米国をモデルにした法科大学院といったものが設けられて、そこでの教程を済ませれば、新司法試験受験資格というものが与えられます。
やっぱり会計士試験にトライするという際におきましては、半端な行動では良い結果が生まれない、極めて手ごわい試験だと痛切に感じています。言ってしまうならば費やせる限りの時間を能率的に使って受験勉強を継続した努力家だけが、結果合格することが可能な試験なのであります。

実際1科目ごとに受験可能な科目合格制度が設けられているため、会計士試験は、社会人の方も受験に臨みやすいのですが、その分受験生活の期間がずっと続く風潮があったりします。そのため、過去に合格した先人の勉強法の内容を手本にするとよいのではないでしょうか。
実際に会計士試験におきましては、大学卒の資格が必須であるなど学歴等の制限は設けられておりませんから、どんな方でも受験をすることが可能であります。これまで法律についての知識・経験が全然無くとも、質の高い受験の対策を行えば、合格することも不可能ではないですよ。
ずっと昔から、法律知識がゼロの段階から取り掛かり、会計士試験合格に最低限必要とされる勉強への取り組み時間は、「3000時間程度」と伝えられています。現実を見ても、一発合格者達の試験勉強にかける時間は、3000時間前後と発表されています。
会計士の役を担う街の法律の相談請負人として、社会的に活躍が期待される会計士のポジションは、社会的に地位の高い資格に挙げられます。比例して、試験の難易度の状況もメチャクチャ難関です。
サラリーマンをやり続けながら並行して空いた時間に勉強をやり続け、ついに3度目のチャレンジで会計士資格試験に合格することができました、自分自身の乗り越えてきた経験を見つめ直しても、昨今の難易度は、物凄く上がってきているという印象があります。

基本的に会計分野の簿記論は、理解するべき内容はいっぱいですけど、百発百中で計算式の問題にて構成がなされているため、会計士に合格するには他の国家資格と比べても、独学で取り組んだとしても、理解しやすいタイプの科目に当たります。
法律を専門に学ぶ法科大学院を卒業されたという実力の持ち主でも、不合格判定になることが生じたりするほどですから、適正な能率的な勉強法を理解した上で挑まなければ、会計士試験合格を実現するということはメチャクチャ大変でしょう。
大抵全ての科目の平均的な合格率の割合は、概ね1割とされ、他にある難関といわれる資格よりも、合格率が高めであるように捉えやすいですけど、それにつきましては各々の科目の合格率の平均値であって、会計士試験をひとまとめにした合格率では、決してないのです。
実際に会計士試験では、1つの科目につき各120分しか試験時間がないものです。そうした中で、合格圏内に入ることができる点をゲットしなければいけないから、勿論のことながらスピード&正確さは求められます。
一般的に法律系の国家資格であり、特殊な役割をする、会計士かつ会計士なんですけれど、難易度を見比べると会計士の方が一段と壁が高くて、そしてまた活動内容にも、かなりめいめい相違しているのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【未経験】会計士|国家資格... | トップ | 【営業】会計士|当然ながら... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL