国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

【マネジメント】会計士|誰にも頼らず独学での会計士受験の勉強法を選ぶ場合に…。

2017-07-13 17:30:09 | 日記

近年、会計士試験の合格率の数値は、大体2〜3%程度でございます。必要とされる合計学習時間との両者のバランスの様子にて考えたら、会計士の資格取得試験がどれ程難易度が高いか想像出来るでしょう。
勉強できる時間が毎日充分に持てる人は、普遍的な勉強法をやり続けることにより、会計士試験に合格できますが、会社とか家庭とか時間的に制約条件があるという方には、いいやり方だとは言えないでしょう。
事実「法をベースに客観的な視点で物事を見ることが出来る人間」であるか否かを確かめるような、相当難易度が厳しい試験に進化しているのが、つい最近の会計士試験の現実の姿といったように思われます。
従前は合格率十数%以上に落ち着いていた会計士試験でございましたが、現在においては、1割以下の率にて停滞しております。合格率が全体の一桁といいますと、難易度レベル高の国家資格の代表として、認知されるのです。
当HPにつきましては、現役にて活躍をしている百戦錬磨の会計士が、会計士試験のGOODな勉強法の指導はじめ、並びに多くの会計士対象の通信講座の一般受けの様子、ユーザーの口コミなどの情報を分析し、説明している情報サイトとなっております。

たった一人で独学により学ぶという、やる気はありませんけれど、己の進度で学べればと考える方でありましたら、やはり会計士の通信講座を受けた方が、打ってつけのスタイルの勉強法と思われます。
いくつかある国家試験でも非常に難関と言われている高い難易度という会計士試験は、憲法・民法などの11教科の法律から複数の問題が出題されるものなので、合格に至るまでには、一年越しの受験勉強が不可欠になります。
一般的に簿記論は、把握しないといけない内容量は大量なわけですが、総じていろんなテーマの計算試験問題で作り上げられておりますから、会計士になるには他の法律系国家資格よりもオール独学であっても、学習しやすい試験科目内容とされています。
合格して、これから「誰にも頼らず自分の力で活路を開きたい」というような攻めの気持ちがある受験生なら、どれほど会計士の難易度レベルがめちゃくちゃ高めでも、その荒波も必ずクリアできるかと思います。
今日の会計士に関しては、著しく難易度高の試験内容になっており、いずれの通信教育を選ぶかによって、合格不合格の判定が決まってきてしまいます。だけど、様々に同じような会社が存在していて、何処を選んだら間違いないか、判断が付かない方も多いのでは。

合格率につきましては、会計士資格の難易度具合が理解できる顕著なモノサシの一つなのですが、このところ、この値がありありとマイナスになってきていて、受験生の皆さんが注目しています。
実際日商簿記1・2級をたった一人の力で独学で、合格できた実力の持ち主であったら、会計士試験での試験科目の簿記論、財務諸表論のこの2分野につきましては、ある程度慣れているから独学で合格を可能にするのも、高難度なというわけではないかも。
誰にも頼らず独学での会計士受験の勉強法を選ぶ場合に、1番壁となる可能性があるのは、勉強を行っている中で疑問に思う事柄があらわれたケースで、一人で解決しなければならないことです。
現実的に大部分の人は、知名度の高い業者だからとか、何の根拠も見られないハッキリしない事由で、通信教育を選びがちです。けれども、そうしたことで絶対に会計士に、合格することは難しいでしょう。
会計士試験を受験するときは、事実上筆記タイプの試験だけしか無いものだと、認識して構いません。と言うのも、口頭での試験は、よっぽどの事が無い限り不合格扱いにならない形式的な試験だからです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【付加価値】会計士|基本的... | トップ | 【紹介】会計士|プラスとな... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL