国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|ここ数年…。

2017-05-14 14:00:06 | 日記

合格率につきましては、公認会計士試験の難易度の高いOR低いかを指し示す判断基準の一つでありますが、ここにきて、このパーセンテージが顕著に落ち込んできていて、受験生達で話題になっております。
たった一人で独学により学習をするなんて、強い思いはないわけですが、己自身のスピードで勉強したいと考えている方ならば、強いて言えば公認会計士の通信講座(通信教育)の方が、条件に合ったスタイルの勉強法と思われます。
実際消費税法の内容は、公認会計士試験の主要科目の中では、他よりもさほど難易度は高度ではないもので、初歩的な簿記の知識からいくらか持つことができていれば、他よりもイージーに、合格を勝ち取ることが可能でしょう。
超難関と言われている公認会計士試験の難易度につきましては、極めて高いものとなっていて、合格者の合格率もほんの3%前後と、法律系の国家資格の中においても、ハイレベルとされる難関資格試験となっております。
現実的に公認会計士試験というのは、それぞれの科目で各120分しか受験時間があてられておりません。よってその僅かな時間の中で、合格可能な点数を獲得しないといけないため、やはりスピード&正確さは必要不可欠です。

ここ数年、公認会計士試験の合格率のパーセンテージは、ほぼ2〜3%強といわれています。必須とされる学習期間との相互の兼ね合いにて考えたら、公認会計士の資格取得試験がどんなに高難度かが知ることが出来るのでは。
非常に専門的な法律関係の内容で、難易度が高めとされておりますが、そもそも公認会計士試験では、科目ごとの合格システムを設けておりますから、一つの教科毎に複数年かけその都度合格をしても、結構な国家試験なのです。
公認会計士に関しては、法律で定められている資格取得試験の入門編として、年齢関係なく人気が高いのですけれどそれとは別に、合格が決まった未来には、自分自身のオフィスをつくり、フリーで開業することも実現できる有望な法律系専門試験とされています。
簿記論の教科に関しましては、把握しないといけない内容量はたっぷりなものの、その大部分が計算式の問題で出題が行われますから、公認会計士になるには他の法律系国家資格よりも独学で立ち向かっても、身につけやすい専門科目となっています。
訓練問題によってより深く理解してしっかり基礎を固めた後、試験対策の全体問題演習へとスウィッチしていく、模範的な勉強法を行うのが、公認会計士試験の中の簿記論合格には、非常に有用とされています。

毎年公認会計士の合格率は、とても低くて、大体1.75%と公表されています。今日び、国内でも米国をモデルにした法科大学院というところができ、その教科過程を終えることが出来れば、新司法試験を受ける資格+法務博士の学位を獲得することができます。
仕事に従事しつつも、公認会計士になろうとする方たちも多数いると存じますため、あなた自身の取り組めることを限られた時間の中で毎日確実に取り組み続けるというのが、公認会計士試験合格の確率を上げるといえるのかもしれません。
現実的に大部分の人は、名高い会社であるため安心といった、何の根拠も見られない不得要領な理由で、、また口コミなどを確認しないで通信教育を選びがち。ですが、それじゃあ高難易度の公認会計士に、合格などできないでしょう。
合格率の割合が7%程度と、公認会計士試験は高い難易度を誇る難関試験であります。ですけど、過分にビビることはありません。本気で勉学に励むことにより、誰であってもバッチリ合格は切り開けます!
司法試験と同じ勉強法で行うのは、法律知識ゼロからスタートする公認会計士試験に狙いを定めた受験生に比べて、学習量が大量になりやすい傾向です。それだけでなく満足のいく結果には至らず、コスパが低くなっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|通常公認会計士... | トップ | 公認会計士|基本公認会計士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL