国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

【社会保険労務士】会計士|現実会計士国家資格試験の合格率は…。

2017-07-08 09:50:02 | 日記

これより本格的に勉強を始める受験生にあたっては、「会計士試験に対しては、どれくらいの学習時間を確保したならば合格することができるのか?」というようなことが、気に掛かる部分ではないでしょうか。
非常に難易度が高いとされる試験となっていますが、各々その時その時に受験可能なことなどから、それ故会計士試験は、1回に5万人強が揃って受験する、受かりづらい試験なのです。
そもそも会計士の試験を受ける場合は、完全に独学で合格を勝ち取ろうとする方が僅かということも関係し、他にある受験と比較してみると、市販のテキストの種類もそれ程、販売されてません。
実際に「法的な視点で考える力が備わっている人」であるかどうであるのかといったことをまるで問われるような、著しく難易度の上がった試験になってきていますのが、今時の会計士試験のリアルな現実として捉えられます。
オールラウンドで活かせるテキスト内にも記載されていない、知識が求められる問題なんかは、スグに断念すると良いかと思います。いさぎよく切り捨てるのも、難易度の厳しい会計士試験にて合格を勝ち取るためには、必要なアクションなんです。

さしあたって受験生たちが、人気No.1会計士の合格までの詳しい体験記録などを、沢山調べてチェックを入れる理由とは、おそらく、どういうような勉強法が己自身に適しているかということに、迷いがあるからではないでしょうか。
100パーセント独学にて会計士試験合格を叶えるためには、己で合う勉強法を生み出さなければいけません。ともあれそのために、最も確実な手段は、先達が実施していた勉強法と同じことを実行することとされています。
どんな種類の問題集を使って勉強を行うのかということ以上に、いかなる勉強法を選んで取組みを行うのかということの方が、明らかに会計士試験を通過するためには重要視されます。
現実会計士国家資格試験の合格率は、1〜2%位と知られております。最近では、日本にもアメリカ合衆国のロー・スクールをモデルとして法科大学院という機関が新しくでき、その教科過程をクリアしたら、新司法試験を受験する際に必要な資格が入手できます。
正しくない勉強法で臨んで、ゴールが遠くなってしまうのは何の得にもなりません。絶対に能率的なやり方で短期間合格を得て、会計士となって社会に貢献しましょう。

ずっと前より、法律についての知識が全く無い時点から取り掛かり、会計士試験合格に最低限必要とされる勉強の時間は、「3000時間少々」というデータがあります。一般的に実例でも、一発合格者達の試験勉強にかける時間は、3000時間超とされています。
リアルタイムで、または近々、会計士に独学スタイルで臨む方のために企画制作しました、情報満載のサイトになります。サイトの中におきましては合格を実現するためのチェックしておくと良い注意点や勉強方法の助言、先輩会計士からのアドバイス・仕事内容、やりがいがある事柄など毎日発信しています。
ちょっと前までは会計士試験の受験は、他の資格と比べてゲットしやすい資格であると認識されてきたわけですが、昨今は至極ハイレベルになっており、相当努力しないと合格することができないという資格の1つになっております。
昔から会計士試験においては、難易度が高いと言われております、ステイタスある国家資格の1つ。こちらのページでは、目的とする会計士試験に必ず合格するためにマスターしておきたい勉強法などを、私の合格するまでの経験を基礎に公開します。
国家試験の制度の修正に伴って、以前の努力に関係なく運・不運にかかってくる博打的な内容が除かれ、実際に技量のアリORナシが判別される国家試験へと、昨今の会計士試験は新しく生まれ変わりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【実務】会計士|連結実務の... | トップ | 【コンテンツ】会計士|数あ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL