国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|ずっと独学スタイルで学習をするなんて…。

2017-06-17 01:30:06 | 日記

実際に「くらしの法律家」として、様々な場で社会貢献することができる公認会計士の受験を申し込む時に、過去の学歴等は必要有りません。どなたでも挑戦OKなので、通信教育の資格講座でも、老若男女問わず広く注目されている資格の一つです。
オール独学で公認会計士試験合格を勝ち取ろうとする折には、己で合う勉強法をあみださなければいけないです。そうした際に、著しく優れた方法は、合格した人たちがしていた勉強法を全て真似てしまうことです。
実際とても難しいと言われている公認会計士試験の難易度に関しては、大層高めのものになっており、平均の合格率も概ね2・3パーセントと、国内の国家資格の中でも、トップクラスに入る超難関試験といえます。
当然公認会計士試験を独学で合格するのは、難関ではありますが、学習法をアレンジするとか、有益な情報をちゃんと集めて吸収しておくことで、短期で合格することを目指すというのも、決してありえないことではないです。
実際公認会計士試験に関しては、大学卒の資格が必須であるなど学歴等の指定はないですから、どなたでも幅広い層の方々が資格を得ることを目指せます。万が一法律に関しましての知識を何にも持っていないという方であっても、適切な試験対策をして挑めば、合格できてしまいます。

実際に通信講座ですと、公認会計士でありましても公認会計士だとしても、どちらにせよ自宅宛に学習書などを宅配していただけるんで、各々の都合がいいときに、勉強に取り組むことが可能といえます。
すでに日商簿記2級や1級の資格を独学の学習で、合格を得たというツワモノであるならば、公認会計士試験での簿記論やまた財務諸表論の2教科だけは、これもオール独学で受験に合格するのも、厳しい挑戦ではないのでは。
あらかじめ会計事務所ですとか公認会計士事務所勤めをして、現場歴を積み重ねつつ、のんびりしっかり学ぶという考えを持つ受験生は、通信講座の勉強法が適当といえるかと思います。
合間の時間を有効に使って、効率的に学習を行えますから、普段のお仕事や家の事などと二足のわらじで公認会計士の資格取得をしようと思っている方たちには、自分のペースで取り組める通信講座は、実に有効でございます。
ずっと独学スタイルで学習をするなんて、気は全然ないけれど、己自身のスピードで集中して学びたいとした方であれば、公認会計士対象の通信講座の方が、ベターな勉強法であるといえるでしょう。

実践で「法律学的に客観的な視点で物事を見ることが出来る人間」であるかないかを選別するような、めちゃくちゃ高い難易度の試験に変化してきているのが、近ごろの公認会計士試験のリアルな現状というように思います。
そもそも公認会計士試験とは、超難しいです。合格率の値は、大体10%ほどです。ただし、一度きりの試験でクリアするのではなし、数年にわたり合格を狙うのであれば、それほどまでにハードなことではないといえるでしょう。
一般的に従来から、法律知識ゼロの次元から取り組んで、公認会計士試験合格に要する勉学に対しての累計時間は、「約3000時間」とよく言われています。調べてみても、ストレート合格者の勉強合計時間は、3000時間になっています。
実際現在の公認会計士においては、大変試験の難易度のレベルが高くなっていて、通信教育のチョイスで、合格不合格の判定が決まってきてしまいます。ただし、様々に同じような会社が存在していて、何処を選んだらベストなのか、思案する人も沢山いらっしゃるかと思います。
資格試験に合格できないケースの、総勉強時間の危険性を考えますと、公認会計士の受験はスクールの通信講座、それともまた直接の通学講座を選定するのが、事無きを得るものと言えそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際に科目合格... | トップ | 公認会計士|現実的に公認会... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL