国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

【企業】会計士|司法試験と同じような勉強法での進め方であると…。

2017-07-11 04:30:03 | 日記

難易度の高い税法教科の「理論暗記」を主に、会計士試験の効率のいい勉強法や頭脳の訓練、速聴・速読力を磨く強化メソッドに関してもくまなく調べています!この他暗記力を高める方法ですとか、勉強をする中で、貢献する&実践的な各種ツールを幅広く載せていきます。
昔から毎年、2、3万人辺りが受験を行い、そのうちの600人から900人程度しか、合格をゲットできません。その一面に着目しましても、会計士試験がどのくらい難易度が高いのかがみてとれます。
経理実務の個別論点をしはじめたら、関連している訓練問題にめいっぱいチャレンジして、問題に慣れる対策をとっておくというような勉強法を新たに盛り込むというのも、会計士試験の中の簿記論対策に関しては著しく効果が期待できます。
将来会計士資格をゲットする為に試験学習を始める受験生にあたっては、「会計士試験に対しては、どれぐらいの学習時間をキープしたら合格するのか?」というデータは、確認しておきたい事柄ではないかと存じます。
簡単に述べますと合格最低点の「足切り点」という門前払いのシステムが、会計士試験にあり大きな特徴です。すなわち、「決められた点未満なら、落ちますよ」という水準点が存在しているのです。

一般的に会計士試験の主要な特徴を挙げると、特定の基準に基づいて絶対的に評価する試験で行われていて、合格できる上限人数を先立って設けていないため、結果として試験の問題の難易度自体が、明らかに合格率になって表れます。
毎回、会計士試験における合格率は、ほぼ2〜3%強といわれています。学習にかける時間数との相互バランスを考慮しますと、会計士の試験がどんだけ難関試験であるのか推測していただけると思います。
司法試験と同じような勉強法での進め方であると、ゼロからの会計士試験に限る受験生よりも、合計の勉強量が多大になりやすいものです。さらに条件に見合った結果は生じず、コストパフォーマンスが低いです
実際に会計士試験とは、会計士の資格を得るのに欠かせない学問の理解と、それを応用する能力が備わっているかどうであるのかを、審判することを基本目的として、一年に1回行っている高難易度の国家試験です。
基本演習問題をリピートし基礎的な学習能力を養い土台をつくってから、実践的な総括問題・思考問題へとステップアップしていく、一般的な勉強法をし続けるというのが、会計士試験のうちの簿記論対策に、かなり効果的みたいです。

現実的に合格率3%前後の高難易度の、会計士試験で合格を実現するには、独学で行う勉強のみで挑むのは、上手くいかない場合がいっぱいあり、専門の予備校に通学するかあるいは、通信教育にて受験勉強を行うのが多数派となっております。
元来通信教育(通信講座)は、学習教材の出来が全てを左右してしまいます。今時はDVDだったりオンライン動画配信などの動画学習系も沢山ありますが、会計士の学校により、教育内容は実に様々です。
会計士については、もし全て独学で行っても合格可能な資格の一つといわれています。現時点で、仕事を持っている方が頑張ってトライする資格としては将来性がありますが、併せて高難易度とされております。
各教科の平均の合格率については、ほぼ10%強というように、全ての教科ともに高い難易度とされる会計士試験は、1回に全部合格する必要の無いので、就労しながら合格を志せる、資格です。
不適切な勉強法で取り組み、労力掛けて寄り道することほど、もったいないことはないでしょう。必ずあなたに合った方策によって短期集中で合格を勝ち取り、会計士になる夢を叶えましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【独立】会計士|基本的に会... | トップ | 【信条】会計士|すべて独学... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL