国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|合格率のパーセンテージが平均7%といいますと…。

2017-05-17 20:00:12 | 日記

門戸が狭いとして周知されている公認会計士試験の難易度状況は、極めて厳しく、合格率のパーセンテージもたったの2%・3%と、法律系国家資格の中でも、トップクラスに入る難関国家試験です。
昨今の公認会計士につきましては、合格率の数値が6%ほどという風に言われていて、事務系資格カテゴリーでは、受かりづらい資格の一つに分類されています。とは言っても、全ての試験問題中正解数6割を超えれば、合格間違いなしです。
あらかじめ法律関係の知識がないのに、短期間で公認会計士試験に合格するという方もいます。この人たちに共通している要素は、自身にピッタリの「実践的な勉強法」を見極めることが出来たことです。
大学で法律を専門に学ばなくても、かつ今まで未経験者だとしても公認会計士の職に就くことはできますけれど、けれどもそれだけ独学で臨む場合は、かなりの勉強時間・量とも絶対に必須でございます。己もまるっきり独学で合格を勝ち取ったので、深く感じています。
一般的に公認会計士の合格率の数値は、1・2%程度というデータが出ています。近年、法曹に必要な学識及び能力を培うことを目的とする法科大学院の教育機関が開講されて、全過程の学業をクリアしたら、新司法試験受験資格というものが得られるようになっています。

通信講座を受講する折には、公認会計士だとしても公認会計士であっても、いずれともご自宅宛で学習書などを配送して貰えますので、あなた自身の都合がいいときに、勉強を進めるのが可能です。
受験制度の作り変えに伴って、今までの運や不運に左右されるギャンブル的なファクターが全てなくなって、本当に手腕があるかないかがジャッジされる高難度の試験へと、公認会計士試験は根本から変わりました。
たった一人で独学により勉強を行うという、気は全然ないけれど、己の進度で学ぶようにしたい方には、公認会計士対象の通信講座の方が、好都合な勉強法であるといえるでしょう。
実際に難易度がスゴク高い資格試験になっておりますけど、それぞれの科目ごとにその度ごとに受験することが可能であるから、そのため公認会計士試験は、例年5万人もの人達が受験に挑戦する、難関の試験となっております。
仕事をやり続けながら資格取得の勉強をこなし、とうとう3度目の試験にて公認会計士に合格することが叶った、自らの実際の体験を顧みても、ここ数年来における難易度に関しましては、大分上昇してきていると思います。

司法試験と変わらない勉強法である場合、初心者の公認会計士試験のみに集中する専業の受験生より、勉強時間&勉強量が膨大になりやすいです。加えて適う結末は迎えられず、コストと効果のバランスが悪いです。
合格率のパーセンテージが平均7%といいますと、公認会計士の資格試験については相当難易度が厳しくって大変そうですけれど、絶対評価で到達点数の最低でも60%以上の問題に正解できたら、合格判定は間違いないでしょう。
現実的に専門知識が要求される試験の内容ですから、難易度がスゴク高度でありますけれど、基本的に公認会計士試験につきましては、5教科中の一部科目合格制度(1教科で試験の基準点を満たす)の採用を行っているため、それぞれの科目ごとに5年間にわたり合格をしていっても、支障はない試験なんです。
公認会計士さんに代わる地域に寄り添った法律家として、盛んな活動が望まれます公認会計士に関しましては、社会の中で地位の高いといわれております資格です。だからこそ、資格試験の難易度もかなり難関です。
最近公認会計士の通信講座にて、第一にお薦めしたいのは、東京リーガルマインド(通称:LEC) です。活用するテキスト書に関しては、公認会計士になろうと頑張っている受験生の中で、使いやすさ&網羅性NO.1のテキスト書だと評価が高いです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|現時点皆が…。 | トップ | 公認会計士|実際公認会計士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL