国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

【資格】会計士|会計士の試験に合格して…。

2017-07-15 03:10:02 | 日記

全部独学で貫きたいのは理解できるけど、時間の管理や且つまた勉強スタイルなどに対して、ちょっぴり不安を感じてしまうというような際であれば、会計士試験専門の通信講座(通信教育)を受講するのも、1案なんではないかと思っています。
現場において「法律的に物の捉え方が出来る人」であるORないのかを判断するような、著しく高い難易度の試験にチェンジしてきたのが、近ごろの会計士試験の事実ではないかと思います。
会計士の試験に合格して、近いうちに「自分自身の力で前進したい」というような大きな志がある受験者でありましたら、いくら会計士の難易度が高度であれど、そのハードルもきっと超えることができるハズ。
実際に合格率のパーセンテージは、会計士試験の難易度具合が理解できるハッキリと見て取れる指標の1つであるわけですが、この頃は、この比率がかなり落ち込んできていて、多くの受験生達に注目されています。
数年前までは合格率の数値が10%あたりが一般的だった会計士試験でありましたが、現在においては、一桁の数値となっております。合格率一桁台であると、難易度トップクラスの国家資格の内のひとつとして、把握されます。

現実的に合格を勝ち取った人の合格率が全体の7%前後とすると、会計士の国家資格試験は相当難易度が厳しくって大変そうですけれど、基準点の総じて60%以上の受験問題がちゃんと正解することができたなら、受験に合格することは確実であります。
ちょっと前までは会計士試験の内容は、相対的に入手しやすい資格というように言われていましたけれど、近年におきましては大変門戸が狭くなってきており、めちゃくちゃ合格を得ることができないという資格であります。
法令の知識を大学で勉強していなくても、これまでに一度も実務経験がなくとも会計士の資格を取得することはできますが、当然その分一から独学である場合は、寝る間を惜しむくらいの勉強することも絶対に外せません。己自身も独学スタイルで合格を得たので、ひしひしと思うわけです。
現実1教科ずつ受験できる科目合格制がとり入れられているが故に、会計士試験は、働きながら資格取得を目指す受験生も受験に挑みやすいけれども、反対に受験生活の期間が長引いてしまう風潮がしばしばみられます。ぜひ過去の諸先輩方たちの取り組んできた勉強法を実践してみることも有効です。
今多くの方々が、国家資格の会計士の実際の合格体験記やらを、いっぱい調べて見られている理由は、きっと、どのような勉強法があなたにマッチしているのか、考えあぐねているからでしょう。

毎年9月から、翌年度の会計士試験に挑むために支度しはじめるとした人なども、多数いるはずです。丸1年近く長期にわたる試験勉強では、あなたにピッタリ合う勉強法を身に付ける工夫も必要であります。
合格率の数字が3%強の難易度の高い、会計士試験において合格を獲得するには、オール独学での受験勉強だけでやるのは、スムーズに行かないことがとても多くて、専門スクールに通うかあるいは、通信教育を受け受験勉強に取り組むのが多くの受験生の選択です。
これまで素人で法律の知識になんて一度も触れたことなど無いのに、短期の間で会計士試験に合格されるような人達も存在しております。合格者にある共通される事柄は、本人にピッタリの「確実な勉強法」を確立したことです。
いざ個別の論点に取り組み出したら、相関がある事例や演習問題に可能な範囲で積極的に取り組んで、とにかく問題に手慣れておく万全を期した勉強法を採用するのも、会計士試験においての簿記論対策につきましてはとても実効性があります。
事実、会計士試験は、高い難易度を誇る国家試験といわれている試験なので、専門知識を基礎から学べる専門の学校に通学するようにした方が、いいかもしれません。と言っても、独学で臨んだとしても人により、非常にスムーズに行くなんていうパターンも見られたりします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【資金繰り】会計士|実際に... | トップ | 【司法書士試験】会計士|事... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL