国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

【エキスパート】会計士|言ってしまえば独学で行っても…。

2017-07-27 04:40:01 | 日記

一流講師に直々に指導を受けることが出来る学校へ通うメリット部分に関しては、惹き付けられるものがありますが、長期間積極性さえ保つことが出来れば、会計士資格取得の通信教育での学習にて、確実に実力を得ていくことが出来るかと思われます。
言ってしまえば独学で行っても、万全に、会計士の役割について理解することができましたならば、資格を手に入れることはできるのです。ただし、それを現実にするには大変、長いスパンを費やすことが要必須であります。
高度な専門性を持った内容であるため、難易度が超高くなっておりますけど、根本的に会計士試験に関しては、科目ごとの合格システムがあるため、1つの科目ごとに5年の期間を費やして合格を積み重ねていっても、オッケーとされている試験となっています。
通常通信教育でありますと、会計士試験に絞った対応措置を十分に施した、特化した教材が用意されているので、独学で進めるよりも学習のスタイルが身につけやすく、勉強がはかどりやすいと断言します。
ここ何年かいつも、会計士試験でのリアルな合格率は、一桁台で2〜3%くらいです。学習にかける時間数との釣り合いを見てみますと、会計士の国家資格取得試験がどれだけ難関試験であるのかイメージすることができるのではないでしょうか。

わかりやすく言いますと会計士試験は、会計士の地位で仕事にするために欠かせない深い知識、及びそれを応用することができる能力を有しているのかいないのかを、見極めることを1番の目的に、執行する最高峰の国家試験です。
資格をとるのがとても厳しい試験とされております会計士試験に挑戦する際は、生半可な姿勢では確実に合格なんてできないです。かつオール独学で合格を得ようとする行動は、並大抵の努力では難しいです。ですがほんの少しでもお手伝いできる情報ページとして利用していただければ幸いです。
ずっと昔から、法律についての知識が全く無い時点から開始して、会計士試験合格にマストな勉学に対しての累計時間は、「3000時間前後」と言われております。一般的に実例でも、1回目で合格する方の勉強への取り組み時間は、3000時間前後と発表されています。
現実的に会計士の業務に関わる街の法律の相談請負人として、活発な働きが要求されます会計士の身分は、社会的に地位の高い職業資格です。したがって、それに反映して試験の難易度の度合いにつきましてもとても高難度となっております。
国家資格を取得して、近い将来「誰にも頼らず自分の力で新境地を開きたい」などの強気なやる気がある方であるなら、どれだけ会計士の難易度の状況がかなり高くっても、その試練も確実に乗り越えることができると思います。

最初からずっと独学でやっているけど、勉強にあてる時間の管理や学習法などに、少々心配になるようなときには、会計士試験を対象としている通信講座(通信教育)を受講するのも、それも1つの選択といえます。
個別論点問題をしはじめたら、関連している訓練問題に可能な限りチャレンジして、数をこなして問題慣れしておくといった勉強法を行うのも、会計士試験においての簿記論対策につきましてはとても実効性があります。
学習にかけられる時間が毎日不足なくある方ならば、標準的な勉強法で取り組めば、会計士試験で合格を目論むことも可能ですが、会社とか家庭とか日常生活で暇が無い人に対しては、最善な方策ではないでしょう。
大学で法律を専門に学ばなくても、またかつ全くの素人であろうと会計士を目指せますが、ともあれ独学で臨む場合は、長時間の勉強をこなすということも絶対に外せません。自身も専門学校等に通うことなく独学で合格した為、心の底から感じております。
実際事例や演習問題で理解度をアップししっかり基礎を固めた後、試験対策の全体問題演習へとシフトする、王道的な勉強法をやっていくのが、会計士試験を受験する際の必須科目である簿記論の為には、大変有効性があるとされます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【講師】会計士|いざ会計士... | トップ | 【地銀】会計士|以前から…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL