国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|兼ねてから…。

2017-05-18 22:50:02 | 日記

現実的に科目合格制という制度となっているため、公認会計士試験に関しては、会社勤めしている人等も受験に取り組みやすいながらも、一方で受験学習にかける期間が長期になるということがよくあります。よって先輩合格者方の取り組んできた勉強法にチャレンジすることも必要でしょう。
今の公認会計士につきましては、相当難易度の高い問題が出題されており、通信教育(通信講座)の選定により、合格できるかOR不合格になるかが決まってしまいます。ですが、種々の会社が見られ、どこを選ぶといいものか、なかなか決められない人も多いでしょう。
兼ねてから、法令知識皆無のレベルから取り組み始めて、公認会計士試験合格に要する総勉強時間は、「約3000時間」とよく言われています。実際のところ、1回目で合格する方の勉強への取り組み時間は、平均して3000時間強のようです。
実際に事前の法律知識ゼロにも関わらず、短期学習で公認会計士試験合格を果たす先達も存在します。彼らの多くに共通している要素は、誰もが自分に最適な「能率的な勉強法」に出会うことができたことです。
現実的に高い難易度を誇る国家資格の試験に関係なく、各科目毎別々に受験するといったこともできることによって、それにより公認会計士試験は、1年に1度5万以上もの人が受験を申込する、難関試験でございます。

近年合格率が7%位と、公認会計士試験は非常にハードな難易度の試験となっています。しかしながら、それを必要以上恐れる必要はございませんよ。本気で勉学に励むことにより、誰でも確実に合格をゲットすることはできるのです。
実はDVD及び、テキストブックを見ての勉強方法に、ちょっぴり心配&不安があったりするのですけど、本当に通信講座にて、公認会計士資格をゲットした先輩方も多くいらっしゃるし、オール独学よりかは、ベターなのではと考えております。
国家試験の制度の修正と同時に、昔からよく見られた時の運の博打的な内容が一切なくなり、正しく技量のアリORナシが見極められる国家試験へと、昨今の公認会計士試験はリニューアルしたんです。
勿論のこと独学の勉強法にて、合格を獲得するというのは、実現可能です。とは言っても、事実公認会計士の資格試験は10人挑戦しても、合格者が0人のケースもある間口の狭い試験とされております。合格を勝ち取るには、能率的な勉強方法をマスターするべきです。
司法試験と同一の勉強法ですと、一からの公認会計士試験のみに集中する専業の受験生より、勉強を行う総量が大変多量になりがちでございます。そればかりか望むような結果は生まれず、対費用効果が低くなります。

国家資格試験の公認会計士試験の合格率については、大体10%ほどと、難易度レベルが高めと知られているにしては、高めの合格率となっています。とは言え、一回目の試験で合格を可能にするのは、可能性がほぼゼロであると昔から言われているようです。
公認会計士と並ぶ法律系の国家資格とされ、極めて専門的な要素を含む業務を遂行する、公認会計士かつ公認会計士なんですけれど、難易度のレベルは公認会計士の方が難度が高くて、それに伴い担う役割内容も、大分違うのです。
公認会計士試験については、高い難易度を誇る国家資格試験となっているんで、とりあえず公認会計士対象の専門学校に通学するようにした方が、いいかもしれません。ですけど、何もかもすべて独学で貫こうと人により、かなり効率アップが望めるようなこともしばしば見られます。
現在においては、通学して受講している方たちと、さほど差が無い勉強を実施するということができます。そういうことを具現化するのが、もはや公認会計士向け通信講座の欠かせない教材となったDVDであります。
安めの料金設定や学習範囲を選定し、学ぶ量を減らしたスケジュール、高精度の教科書などが話題の高い合格率を誇っているフォーサイト。公認会計士の通信講座ならどこよりココ!と断言できるくらい、評判であります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|大学で法律を専... | トップ | 公認会計士|現在における公... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL