国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|大学で法律を専攻していなくても…。

2017-05-18 15:40:07 | 日記

会社勤めをしながら真面目に勉強を行って、ようやく3回目の受験で公認会計士に合格できた、小生の体験過程を思い出しても、ここ数年の難易度につきましては、著しく上がりつつあると思います。
科目ごとの合格率の割合は、概算で1割強と、どの科目ともに高難易度の公認会計士試験は、いわゆる科目合格制であるため、社会人をしながらの合格も無理ではない、資格といえるでしょう。
一般的に公認会計士試験の主要な特質につきましては、点数が全てを決める試験とされているもので、合格できる定員人数をあらかじめ設けておりませんため、すなわち本番の問題の難易度の加減が、文字通り合格率に表れてきます。
学習にかけられる時間が毎日充分にある受験者は、一般的な勉強法により、公認会計士試験で合格できるかもしれませんが、年がら年中仕事・家事など時間的に制約条件があるという方には、いいやり方とは言い切れません。
今までは公認会計士試験に関しては、相対的に入手しやすい資格といった風に言われ続けてきましたが、今はグンとハードルが高くなっていて、かなり合格への道が簡単ではない資格となっています。

実際毎年、2万名〜3万名程度がチャレンジし、ほんの600人〜多くて900人のみしか、合格を実現することができません。その1点に着目しましても、公認会計士試験の難易度レベルが高度であることが分かるはず。
科目合格制が設けられております、公認会計士試験のシステムは、1回の試験で、5種類の科目を受けることは義務付けられていなくて、時期をずらして1教科ごと数年かけて受験を実施してもいいシステムです。1度合格点をクリアした科目は、公認会計士になれるまで有効なのです。
大学で法律を専攻していなくても、並びに実務の経験ゼロであっても公認会計士になることは可能ですが、けれどその分全て独学で行うならば、かなりの勉強時間・量とも確実に要求されます。ちなみに私も一から独学にて合格を得たので、深く感じています。
実際数多くの受験生は、テレビCMなどが流れている有名な会社であるし確かだろうなんていうような、何一つ手がかりもない説得力に欠ける理由を挙げ、通信教育を選定してしまいがちです。されど、そのようなことで公認会計士の試験に、合格なんて出来るはずはありません。
近年の公認会計士は、とても試験の難易度のレベルが高くなっていて、通信教育をどれにするかで、合格・不合格が決まってきます。とは言っても、多くの業者があり、どこを選択すると最も良いか、悩む方も多いかと思います。

当然公認会計士試験を未経験者でありながら独学で行うのは、本当に難しいことではありますけれど、そんなハンデがあってもやりたいとやる気がある人は、差し当たり会計ジャンルの勉強からやり始めると良いのではないかと思われます。
平成18年の法令変更により、法律系資格の公認会計士試験は、多数改正が実施されました。例えば法令科目が、多数出題されるようになり、選択式問題及び、記述式問題(小論文)のような今までには見られなかった新傾向問題も登場しています。
実際に公認会計士の代理のくらしの中の法律家として、社会貢献が期待されております公認会計士については、社会階級の高い資格の一つです。それに伴い、試験の難易度に関しましてもとても難関です。
現実会計事務所やもしくは公認会計士事務所にて働き、経験&実力を積み上げながら、堅実にしっかり学ぶような人のケースですと、通信講座の選択が適切だと言えます。
通常5科目合格を叶えるまでに、長期間かかる公認会計士試験では、常に勉強をやり続けられる安定した環境が、重要なポイントになり、通信教育コースを選択する際は、取り立ててそのことについて影響してきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|合格率僅か2〜... | トップ | 公認会計士|兼ねてから…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL