国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

【講師】会計士|いざ会計士試験を独学にてやりぬくには…。

2017-07-27 02:40:03 | 日記

資格試験を受験する前に会計事務所あるいは会計士事務所に就職し、実戦での経験を積んで実力をつけながら、少しずつ頑張っていくといった人の場合は、しいて言うなら通信講座が適当といえます。
実際に数ある国家資格と比較しても、高い難易度とされている会計士なわけですが、しかしながら合格を切り開く過程がキツイからこそ、いざ資格取得後はニーズの高さや給料、また社会的地位を獲得できるということも考えられます。
高度な専門性を持った法律関係の内容で、難易度がスゴク高度でありますけれど、原則的に会計士試験については、5教科中の一部科目合格制度(1教科で試験の基準点を満たす)を設けているので、各科目毎5年間にわたり合格を獲得していくやり方も、アリの試験とされています。
元より会計士試験にトライするという際におきましては、生半可な姿勢では合格への道が遠くなる、レベルが高い試験だという風に感じています。結局限られた時間を効率的に費やしながら学習した受験者が、合格可能となる努力次第の試験といえるのであります。
この先会計士の資格をとろうと受験勉強をスタートする方たちにとっては、「会計士試験に関しては、どの位の勉強時間を費やせば合格するのか?」というようなことが、気に掛かる部分ではないでしょうか。

当ホームページでは、会計士資格の通信教育を、失敗しないように選定できるように、客観的な視点で判定できる内容を掲載していきます。それより後はご自分で取捨選択してください。
現在数多くの方々が、会計士の合格ゲットまでの道のり体験日記の類を、色々わざわざリサーチして拝見しておられるワケは、ほとんどの場合、どういう取り組み方や勉強法がご自分に対して効果的なのか、迷っているからでしょう。
全部の教科の合格率のトータル平均は、約10〜12%であって、これ以外の難関資格と比べて、合格率が高くなっているように思えますが、これに関しては教科毎の合格率の数字でありまして、会計士試験全部の合格率ではないのです。
従前に日商簿記2級や1級レベルを完全独学で、合格に至った人だとしたら、いざ会計士試験の簿記論及び財務諸表論の2種の教科に対しては、双方独学スタイルで合格を獲得するといったのも、不可能なことではないと思われます。
実際とても難しいというように知られている会計士試験の難易度状況は、めちゃくちゃキツイ様子で、平均の合格率も大体3%未満と、日本国内の国家資格の中でも、10本の指に入るまさに難関試験とされています。

基本5つの科目合格に辿り着くまで、年数を要することになる会計士試験では、数年にわたり勉強していける安定した環境が、大事であり、学校通学ではなく通信教育コースに関しては、まさにそういった部分が言えます。
合格率の数値が1割にも満たない7%前後と、会計士試験についてはかなり難易度の高い試験とされております。しかしながら、あまりビビることはありません。必死に頑張り続ければ、老若男女誰にでもバッチリ合格実現は目指せます!
常に何でも「法律を基軸とした問題に接することが可能である人」であるかないかを判別するような、相当高い難易度の試験になりつつあるのが、ここ最近の会計士試験の事実といえるのでは。
昼間サラリーマンとして勤務しながら、会計士になることを目標としているといった方もいると存じますため、自身の実施できることを日常的にちょびっとずつこなしていく行動が、会計士試験合格を確実に得る最短ルートになるのかも。
いざ会計士試験を独学にてやりぬくには、すっごく厳しいことでありますけれども、トライしてみたいと思っている受験生は、ひとまず財務諸表論等の会計科目を学ぶことから取り組むとベターでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【説明会】会計士|できるな... | トップ | 【エキスパート】会計士|言... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL