国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|合格率の数字が全体の7%前後とすると…。

2017-05-18 08:10:03 | 日記

普段はサラリーマン・OLとして就労しながら、公認会計士の資格を目指すような人達も中にはおられるのではないかと思いますんで、自分のペースで実行できることを空いた時間に毎日ちょっとずつこなしていく行動が、公認会計士試験合格の確率を上げるといえるのかもしれません。
公認会計士の通信講座内で、第一にお奨め教材は、LEC(Legal Education Center) でございます。利用する専門のテキストは、公認会計士受験生間にて、最も実用性優れたテキストブックとして評判が高いです。
合格率の数字が全体の7%前後とすると、公認会計士の資格試験としてはとても難易度が高そうにみえるものですけど、絶対評価により到達度点数の少なくとも60%以上の問題がバッチリ解けるようであれば、合格をゲットすることは絶対でしょう。
今日び、学校に通っている人たちと、言うほど差が無い勉強ができるようになっています。その事柄を可能にするツールが、今はもう公認会計士資格取得の通信講座の主流である学習教材とされるDVDでございます。
実際に公認会計士試験におきましては、厳密な受験条件などなく、学歴の有無は限定されておりません。これまで、法律関係の勉強を何にもしたことがないような素人であろうとも、知名度が高い学校を出ていないという場合であろうと、公認会計士の資格をとることは可能でございます。

必須分野の5科目に合格するまで、数年を必要とする公認会計士資格取得の試験では、常に勉強をやり続けられる十分な環境条件が、決め手で、現実通信教育での講座は、一際そういった事柄が言えることと思います。
一切独学で通しているけど、時間の管理や且つまた勉強スタイルなどに対して、心配が生じるようなときには、公認会計士試験専門の通信講座に頼るのも、1案といえるでしょう。
常に何でも「法律を基軸とした考える頭を持った方」であるORないのかを選別するような、超難易度が高度な試験になってきているのが、近年の公認会計士試験の現実の姿ではないかと思います。
簡単に述べますといわゆる「足切り点」という仕組みが、公認会計士試験にはあるんです。すなわち、「必須点数に到達していないと、通過できずに不合格となりますよ」とした点数が設けられているのです。
実際スクールの公認会計士の講座を受講したいけれど、すぐ近くには専門学校が一つもない、いつも仕事が忙しく時間に余裕がない、学校に行くような時間を確保できないなんて方を対象に、多くのスクールにおいては、お家で学習出来る通信講座(通信教育)を導入しております。

実際合格率約7〜8%と、公認会計士試験は他の資格よりも難易度のキツイ資格試験です。とはいえ、それを必要以上ビビることはありません。全身全霊で立ち向かえば、誰であろうと絶対合格への道は開けますよ!
たった一人で独学での公認会計士を狙う勉強法を選択する際に、まさに問題として発生しやすいのは、勉強を行っている中で不明点が生じた折に、周りに頼れる人がいないことでございます。
一般的に消費税法については、公認会計士試験の主要科目の中では、そんなにも難易度は高いものではなくて、簿記のベースの知識をいくらか持つことができていれば、割と難しいことなく、合格圏内に入ることが出来るはず。
1年に1度、2〜3万人がチャレンジし、600〜900人のみしか、合格をゲットできません。この現況を見れば、公認会計士試験の難易度の加減がわかるでしょう。
実際に事前の法律知識が一切無いのに、短期間で公認会計士試験にて合格を可能にしたツワモノもいます。彼らの大部分に同じように見ることが出来る点は、誰もが自分に最適な「質の高い勉強法」を取捨選択するということが出来た点であります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際公認会計士... | トップ | 公認会計士|合格率僅か2〜... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL