国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|現在における公認会計士は…。

2017-05-19 03:50:02 | 日記

できるなら危険を回避、安全性を重視、用心するに越したことはないという意味で、公認会計士試験に挑むにあたって、プロの講師陣から直接指導を受けられる専門学校に頼った方がベターですけれども、独学で貫くことを1つの道に選んでも支障はないでしょう。
昼間サラリーマンとして勤務しながら、公認会計士になることを志している人も数多くおられるのではないかと思いますんで、自らの実施できることを限られた時間の中で毎日ちょっとずつ取り組むのが、公認会計士試験に合格するための最短ルートなのかもしれません。
実際送られてきたDVD映像や、教本を利用しての学習方法に、ちょっぴり不安を感じますが、実際に通信講座(通信教育)を受講して、公認会計士の国家資格を取ったという人達も数多く存在しておりますし、それ故独学スタイルよりは、まだいい方なんじゃないかなと思います。
実際公認会計士試験に関しては、1科目に対し2時間に限ってしか試験時間がありません。そういった中にて、ミス無く合格点を取らないといけない為に、もちろん素早さは最低限必要であり合否に影響します。
国家資格の内でも、高難易度の公認会計士ですけれども、けれども合格できるまでの経路が厳しければ厳しいほど、資格を勝ち取った将来には売り手市場やお金、ともに憧れるステータスを築ける見込みもあります。

毎年総じて、公認会計士試験の現実的な合格率については、約2〜3%辺りとされます。学習にかける時間数との相互関係を見ると、公認会計士試験がどんなに難易度レベルが高いものであるか分かるでしょう。
大抵、公認会計士試験にたった一人で独学で合格を勝ち取るのは、簡単にできることではないということを理解しておこう。例年の合格率が1割に到達しない現状によりましても、まざまざと思い浮かべることができるはず。
現在における公認会計士は、めちゃくちゃ難易度の高い問題が出され、通信教育のチョイスで、合格できるかOR不合格になるかが決まってしまいます。しかしながら、種々の会社が見られ、どの会社を選ぶとベターか、皆さん迷われるようです。
学習のための時間が毎日一杯ある受験者は、王道とされる勉強法でやり通すことで、公認会計士試験で合格を得ることも可ですが、常日頃会社など時間制限があるといった人には、ベストな取組方法ではないと断定できます。
もし日商簿記検定試験1〜2級を誰にも頼らす独学で、見事合格されたといった人であるなら、公認会計士試験での簿記論ですとか財務諸表論の2種類に関しましては、基礎があるので独学で受験に合格するのも、不可能なわけではないでしょう。

通信講座の場合は、公認会計士でありましても公認会計士の資格でしても、どっちも住まいまでテキストのセット等を送付して貰えますから、個人個人のお好みのスケジュールにて、勉強に励むということが可能でございます。
現在は公認会計士試験の対応策用の、インターネットサイトや、現役のプロの公認会計士が、受験をする人たちにあてて効率的な学習法を伝えるメルマガ等をリリースしていて、情報力やまた勉強への意欲をキープするためにも使用することができます。
いわゆる難関と口々に伝えられている公認会計士試験の難易度の水準は、物凄く高度であり、例年の合格率もほんの3%前後と、法律系の国家資格の中においても、最高ランクの難関系試験とされております。
一般的に合格率の値は、公認会計士試験の難易度の現状を把握できる判断基準の一つでありますが、ここ何年かは、ちょっと前よりもこの割合が明らかに落ち込んできていて、受験生の皆さんの関心が高まっております。
現実的に毎年、約2・3万人が受験に臨み、たった600〜900名ほどしか、合格を獲得できません。この部分を見ても、公認会計士試験の難易度がめちゃくちゃ高いというのがみてとれます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|兼ねてから…。 | トップ | 公認会計士|基本的に公認会... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL