国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|学校に通う通学講座と家で勉強する通信講座の双方をミックスして受講可能な…。

2017-05-20 17:00:13 | 日記

個別論点の内容をしだしたら、基本的に関連がある演習問題にやれるだけ取り組むようにし、しっかり問題を解き慣れるようにしておくといったような勉強法を取り込むのも、公認会計士試験の簿記論の対応策にはかなり効果のあるものです。
言ってしまえばいわゆる「足切り点」という受験制度が、公認会計士試験においてはあります。つまるところ、「一定の成績未満なら、不合格の判定になります」とされます境界の点数が存在しているのです。
実はDVD及び、テキストを用いての自宅学習の進行方法に、ちょっと不安感を持っているわけですが、本当に通信講座にて、公認会計士の国家資格を得た先輩方も多くいらっしゃるし、独学で行うよりかは、マシであるだろうと受け止めています。
最近は、通学して受講している方たちと、特に差が開かない勉強を実行するといったことができるのです。これを現実のものとしますのが、現在公認会計士を対象にしている通信講座のオーソドックスな教材となっているDVDでの講座です。
基本的に通信教育は、教材の完成度が最終的に合否を分けます。今時はDVDはじめPCで見るオンライン配信のような映像教材も豊富にございますけれども、公認会計士の資格学校によって、詳しい中身は実に様々です。

公認会計士試験の試験に於いては、1つの科目につき120分しか試験の時間が与えられていないです。その時間内に、合格レベルに達する点を取らないといけませんから、言うまでも無く問題解答のスピードは絶対に必要です。
合格率の数値が1割にも満たない7%前後と、公認会計士試験は他の国家資格以上に高難易度の資格試験です。とは言っても、あまりビビることはありません。本気で勉学に励むことにより、誰でもバッチリ合格への道は開けますよ!
頑張って資格を取得し、近い将来「実力で挑みたい」とした積極的な想いがある人ならば、実際公認会計士の難易度がめちゃくちゃ高めでも、その荒波も確かに踏み越えることが可能だと思われます。
通信講座が学べる資格スクールも手段につきましても多種揃います。ここでは、様々な公認会計士を対象に開かれている講座の中より、忙しい受験生でも都合の良い時に勉強可能である、通信講座を催行しているスクールを見比べてみました。
学校に通う通学講座と家で勉強する通信講座の双方をミックスして受講可能な、長年の実績が名高い「資格の大原」は、高い精度のテキストブックと、さらに頼れる教師たちで、昔からずっと公認会計士合格者数の50%以上を巣立たせる輝かしい実績を誇ります。

合格率につきましては、公認会計士資格の難易度加減を確認できる判定基準の一つなわけですけれど、最近、この%の数字が誰の目から見ても確実に下り坂になっており、受験生たちから注目を集めております。
高度な知識や経験を必要とする法律の内容で、難易度が非常に高度となっておりますが、しかしながら公認会計士試験では、受験者のニーズに合った科目別合格制度を設けているので、個々の科目ごと1年1教科で5年にわたりその都度合格をしても、認められている試験なのであります。
公認会計士試験に関しましては、歳や性別等の受験の資格は定まっておらず、職歴・学歴は指定はないものです。であるからして、これまで、法律につきましての勉強を行ったことがない場合でも、名の知れた学校を卒業しておらずとも、そんなことは関係なく公認会計士資格取得はできます。
リアルに会計事務所OR公認会計士事務所にて、現場で実戦経験を増やしながら、マイペースで学習をしていくというような方でしたら、通信講座を選択する方がベターと判断します。
実際に公認会計士資格取得試験の合格率の数字は、およそ1.75%ぐらいというデータが出ています。つい最近では、法律専門研究の法科大学院というものが新たにつくられて、その学校のカリキュラムをクリアしたら、新司法試験を受験できる資格と法務博士(専門職)の専門職学位が授けられます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|専門スキルの高... | トップ | 公認会計士|演習問題を何度... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL