国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

【司法書士試験】会計士|ほとんどの方は…。

2017-07-06 16:20:02 | 日記

世間一般で難関と誰もが知る会計士試験の難易度に関しましては、物凄く高度で、合格率のパーセンテージもたったの2%・3%と、日本の国家資格の中でも、トップを誇る難関系試験とされております。
会計士試験を受験する場合には、基本的には筆記問題しか無いと、判断して問題ないです。何故なら、口述形式の試験は、何か無い限り落ちてしまうことはありえない試験の中身だからです。
ほとんどの方は、名が通った会社だし絶対バッチリとした、裏づけの無い具体性に欠ける理屈で、通信教育を選びがちです。ですが、そのような決め方で難関国家資格とされる会計士に、合格出来るはずはないでしょう。
通学講座+通信講座の2つのコースをミックスして利用できる、人気の「資格の大原」につきましては、優れた教材各種と、ベテランの講師たちにより、会計士資格合格者の半分の人数の結果を出す絶大な信頼&実績があります。
つい最近は会計士試験向けの、インターネット上のサイトページであるとか、バリバリ現役の会計士が、受験生たちに向けメールマガジン等を発行しており、情報収集及び士気を長期間保ち続けていくためにも役立つかと思います。

つい最近の会計士は、スゴク難易度高の試験内容になっており、いずれの通信教育を選ぶかによって、合格不合格の判定が決まってきてしまいます。ですが、同業社がいっぱいあるので、どこにすると最善であるのか、思案する人も沢山いらっしゃるかと思います。
わかりやすく言いますと会計士試験は、会計士の資格を保有するのに必要不可欠な法律の知識、かつまたそのことの応用能力が十分あるのかないのかを、判別することを目指し、執り行われる難しい国家試験であります。
会計士試験においては、平均の合格率が約6%少々と言われていますので、実用的な事務系資格の内では、高難易の資格とされています。とは言っても、全体的に問題の少なくとも6割正解できたら、合格間違いなしです。
大概の学校においては、会計士向けの通信教育が設けられております。そうした中には、USBメモリなど活用しやすいツールを使って、流行の先端を行くNEWスタイルでの通信教育サービスを展開している、スクールなんていうのも出てきました。
大抵全ての科目の標準の合格率については、約10〜12%であって、この他の難関資格と比較して、合格率が高いように思えますが、これに関しましてはそれぞれの科目の合格率ということであって、会計士試験オールでの合格率ではないので、頭に置いておくように。

今の時点に皆さんが、会計士の合格ゲットまでの道のり体験日記なんかを、あれこれ情報収集して見ているワケというのは、きっと、どのような勉強法が己自身に合っているのか、迷いが生じているからでしょう。
すべて独学でやるもの良いけど、学習の時間管理や学習の進め方に関してなどに、不安を抱くというような際であれば、会計士試験を対象としている通信講座で勉強するというのも、いわゆる一つのやり方といえます。
日本の法人税法に関しては、ビジネスをする上で、欠かすことの出来ない要必須な事柄であります。ですが、覚えなければいけない量が相当あるんで、受験者の中においては会計士試験の第一の関門といった風に伝えられています。
言うまでも無く、会計士試験の受験というのは、いい加減なやり方でしたら合格できない、難易度の高い資格試験だと考えております。言ってしまうならば費やせる限りの時間をなるべく合理的に活かして勉強に努力した人のみが、合格可能となる努力次第の試験といえるのであります。
国家資格5科目合格に到達するまで、数年を必要とする会計士資格受験では、ずっと勉強していられる状況が、肝要で、通信教育は、大いにそれが言えます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【紹介】会計士|税金につい... | トップ | 【組織】会計士|どんな問題... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL