国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

【キャリアアップ】会計士|通信講座(通信教育)については…。

2017-07-11 21:00:04 | 日記

1教科ずつの合格者の合格率は、ほぼ10%強というように、全教科ともに難易度レベルが高い会計士試験は、科目合格制となっておりますため、働きつつ合格を獲得することができる、資格なのです。
通信講座(通信教育)については、学習教材の出来が大きく影響します。現在はDVDはじめPCで見るオンライン配信のような動画学習系も沢山ありますが、会計士の各資格スクールによって、指導方法は差異があります。
科目合格制をとっている、会計士試験の国家資格取得は、同じタイミングに1度に、5種の科目を受験する決まりは無く、時期を分けて一つの科目ごとに受験しても良いシステムとなっています。合格科目に関しましては、将来会計士になることができるまで有効とされており安心です。
網羅的な指導書であっても見たことのない、知識が求められる問題なんかは、キッパリギブアップするのもいいでしょう。潔いのも、難易度が高いレベルの会計士試験に合格するには、欠かせないことなのです。
サラリーマンをやり続けながら並行して勉強を行い、とうとう3度目の試験にて会計士合格を獲得しました、わたくし自らの実際の体験を顧みても、ここ数年来における難易度に関しては、めちゃくちゃ高めの傾向があるような気がしております。

ちょっと前までは会計士試験につきましては、相対して合格を得られやすい資格というように言われていましたけれど、つい最近においては大変難易度が上がっていて、全力で取り組まないとなかなか合格することができないという資格の1つになっております。
世間一般的に国家資格内でも、超難易度が厳しいとされる会計士とされておりますが、他よりも合格へ行き着くまでの道が障害が多いからこそ、資格取得を成し遂げた先には就職先が沢山あるということや年収アップ、かつ社会的地位の高さを獲得できる可能性もございます。
これから会計士の資格をとろうと受験勉強を開始する方たちにとっては、「会計士試験については、いかほどの学習時間を持ったら合格できるのか?」なんかは、気に掛かる部分ではないでしょうか。
今時は、通学して教わっている受験生たちと、ほぼ開きがない勉強ができるようになっています。そのことを可能にするツールが、今はもう会計士資格取得の通信講座のオーソドックスな教材となっております映像教材のDVDです。
基本的に会計士資格の試験で合格するには、適切な勉強法で取り組むのが、最も大事といえます。当ホームページでは、会計士試験の日程表をはじめとする質の高い参考書の選択法など、資格に挑む受験生にお役に立つ色々な情報をとりまとめました。

合格率につきましては、会計士資格の難易度加減を確認できる確たる指標の1つですが、このところ、ちょっと前よりもこの割合がハッキリと下向きで、受験される方々の関心が高まっております。
現実的に完全独学での会計士受験の勉強法をチョイスする場合に、最大に問題として発生しやすいのは、勉強を行っていて疑問と感じることが出現した様なときに、周りに頼れる人がいないことでございます。
私自身会計士試験の勉強を進める中では、集中力を保持し続けることが出来なかったり、モチベーション維持やコンディションを整えることが苦しいというようないくつか難点も実感しましたけれども、最終的には通信講座を選択して、合格への道が切り開けたと思っています。
今日び、会計士試験の合格率のパーセンテージは、大体2〜3%程度でございます。要必須とされる学習にあてる時間との相互バランスを見てみますと、会計士資格試験がどれ程までに難易度が高度となっているか察することができると思います。
法律系の学部を専攻しておらずとも、同時に現場経験が全く無い場合でも会計士の国家資格はとれるものですが、ともあれ独学で臨む場合は、何百時間もの勉強時間・量も確実に要求されます。自分自身もオール独学で合格を手に入れたため、それをかなり実感しております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【広告代理店】会計士|合格... | トップ | 【未経験】会計士|試験に合... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL