国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

【未経験】会計士|国家資格の内でも最上の難易度を誇っている会計士試験に関しましては…。

2017-07-18 01:40:02 | 日記

事実、会計士試験は、高い難易度を誇る国家試験の1つですから、まず専門の資格学校に入った方が、いいかもしれません。ですけど、独学で臨んだとしても人により、かなり効率アップが望めるようなこともしばしば見られます。
合格率3%くらいしかないハイレベルの、会計士試験にて合格を得るためには、オール独学での勉強だけで臨むのは、手強い場合がいっぱいあり、専門の予備校に通学するかあるいは、通信教育にて受験勉強に努めるのが普通といえます。
昔は合格率10%超えが一般的だった会計士試験でありましたが、今となっては、一桁台が続いております。合格率が一桁台である場合、高難易度の国家資格として、認知されるのです。
従前は会計士試験を受けても、割と合格を得られやすい資格などと知られておりましたけど、昨今はとってもハードルが高くなっていて、めちゃくちゃ合格が出来ない資格と言われています。
通学講座及び通信講座の2種類を交互に受けることが出来る、長年の実績が名高い「資格の大原」は、ハイクオリティの教材一式と、経験豊かな教師陣にて、会計士試験の合格者の1/2を生み出す高実績を誇っております。

リミットがある時間を有効に使って、勉強を進めることができるため、仕事をしながらや家事・育児などと並行しての会計士の難関資格を勝ち取ろうと考えている受験者にとっては、お家にいながらやれる通信講座は、実に好都合であります。
毎年毎年、会計士試験合格者の合格率は、ざっと2〜3%ほど。必要なトータル勉強時間とのバランスに目を留めると、会計士の資格試験がどのくらい難易度が高いか想像出来るでしょう。
法令系の国家資格であって、専門知識が要求される業務を遂行する、会計士と会計士でありますけれど、難易度については会計士の方が厳しく、さらに業務の詳細につきましても、随分違いが見られます。
はじめから独学だけで学ぶという、やる気はありませんけれど、自分自身の歩度に合わせて学ぶことができたらと思っている人のケースですと、やっぱり会計士向けの通信講座を選定した方が、条件に合った勉強法といえます。
会計士の試験に合格して、近いうちに「自らの力で前進したい」とした積極的な野望を持っている方なら、どれだけ会計士の難易度の状況が物凄く高いようでも、その障害物も必ずクリアできるかと思います。

目下、もしくは将来、会計士の試験に誰にも頼らず独学で試験を受ける受験者のために作り上げた、情報満載のサイトになります。コンテンツには合格をゲットするための掴んでおきたいコツであったりまた、業務内容、かつまたお仕事の魅力等をお伝えしています。
国家資格の内でも最上の難易度を誇っている会計士試験に関しましては、全11科目の法律の範囲より多種多様な問題が出題されるので、合格をしたいと思っている場合は、長いスパンでの学習時間が要必須です。
今や合格率7%未満と、会計士試験についてはかなり難易度の高い難関試験であります。しかし、行過ぎるくらい恐れないで大丈夫。全力を注げば、誰でも必ず合格は目指せるでしょう。
税制の消費税法は、会計士試験の教科の中では、そんなには難易度は高いものではなくて、簿記のベースの知識をバッチリ認識していたら、他よりも難関ではなく容易に、合格のボーダーラインを超えることが出来るといえます。
一口に言っていわゆる「足切り点」という受験制度が、会計士試験には設けられています。分かりやすくいうと、「一定の成績を超えなければ、落ちますよ」という規準点が設けられているのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【戦術】会計士|現在は会計... | トップ | 【税理士事務所】会計士|大... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL