国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|高度な知識や経験を必要とする法律の内容で…。

2017-05-15 15:50:14 | 日記

どういう教材で勉強を行うのかということ以上に、いかなる勉強法を用いて取組みを行うのかの方が、殊に公認会計士試験での合格には肝要になるのです
確かに公認会計士試験を受けるには、生半可な姿勢では満足のいく成果がみられない、難しい試験だと心底思います。即ち少しでも使える時間があったら出来るだけ効率よく活かして勉強したという方が、合格への道が開ける試験なんです。
基本公認会計士試験は、相当難しいレベルの国家資格試験となっているんで、信頼できる専門学校に通うようにする方が、リスクを避けられます。でも、全部独学で挑んでも各人によって、とても上手くいくなんてこともあるものです。
ここ何年かいつも、公認会計士試験の合格率の値につきましては、大体2〜3%程度でございます。長期間の受験勉強時間とのお互いの兼ね合いを見ると、公認会計士試験がどの程度高い難度であるかイメージすることができるのではないでしょうか。
公認会計士試験にて合格を得るためには、しっかりした勉強法で実行するのが、スゴク大切であります。当ホームページでは、公認会計士試験の予定及び質の高い参考書の選択法など、受験生にとって便利な情報をピックアップしました。

国家資格の中においてもトップレベルの難易度といわれている公認会計士試験の概要は、全11科目の法律の範囲より広く問題が出てきますため、合格しようとしているならば、長きにわたる勉強時間が必須であります。
実際数多くの受験生は、名が通った企業だからとか、根拠ゼロの説得力に欠ける理由を挙げ、通信教育(通信講座)をチョイスしがちでしょう。ところがどっこい、そんな選び方で高レベルの公認会計士に、合格は出来ないと思います。
結論から述べますと、専門学校に通わなくとも独学にて実施しても、万全に、公認会計士のやるべき中身についてマスターできるなら、資格を有することは可能となります。しかしながら、それを現実にするには大変、長時間を費やす必要がございます。
高度な知識や経験を必要とする法律の内容で、難易度が大変高いわけですが、基本公認会計士試験においては、5教科中の一部科目合格制度(1教科で試験の基準点を満たす)を設けておりますから、それぞれの科目ごとに複数年かけ合格するスタイルでも、大丈夫な試験なのでございます。
公認会計士試験の勉強をしている折には、集中する力を維持することが難しく感じたり、モチベーションを持ち続けることが大変だったりとした不利な点も結構あったわけですけど、全体として通信講座(通信教育)を申し込んで、本当に良かったと感じています。

通常公認会計士試験は、メチャクチャ難関であると言われております、国家資格として挙げられます。当ホームページでは、目当てとする公認会計士試験に合格するための効率的な勉強法・コツなどを、当サイトの管理人自らの合格を掴むまでの実体験をもとにして公開します。
仕事を継続しながら資格取得の勉強をこなし、何とか3回の受験で公認会計士に合格することが叶った、当方のくぐり抜けてきた体験を回顧しても、昨今の難易度に関しましては、大分高めの傾向があると思っています。
昔より、法律知識ゼロの次元から取り掛かって、公認会計士試験合格に絶対必要な合計の勉強時間は、「3000時間前後」と言われております。実際的にストレートで合格した人たちの受験勉強時間は、平均的に3000時間となっております。
簡単に言うと実際第一段階合格最低点の「足切り点」といいます気になる制度が、公認会計士試験には存在しております。すなわち、「範囲内の点数に達していないという場合は、不合格扱いになる」という規準点が設けられているのです。
現実的に難関資格といったように言われております公認会計士試験の難易度に関しては、極めて厳しく、合格率の数値も僅か3%くらいと、法的な国家資格の内でも、指折りの超難関試験といえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|全部の教科の平... | トップ | 公認会計士|一般的に…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL