競争激戦区の東京でライバル会計士との差をつけて、顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル!

ライバルとの差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。あなただけの強みを活かし価値を顧問先に提供する!

【未経験】会計士|ここのHPでは…。

2017-07-08 03:00:02 | 日記

実際会計士試験を未経験者でありながら独学で行うのは、大変難関ですが、独学で挑戦しようと考えている方は、ひとまず簿記論や財務諸表論をはじめとする会計科目の習得から取り組むべし。
実際に費やすお金が30万円以上、時々には50万円〜必要な、会計士試験対策の通信講座も珍しいことではございません。その場合受講のスパンも、1年程度〜の長期の課程であるというのが、一般的です。
的外れな勉強法を継続して、ゴールが遠くなってしまうことほど、残念なことはありません。是が非でも能率的な勉強法により短い年数で合格を実現し、念願の会計士の仕事に就こう。
完全に独学で会計士試験合格を狙うには、本人自身が適切な勉強法を確立する必要性があります。そのような場合に、何より良いといえる工夫は、すでに合格をされた方が取り組んでいた勉強法とそのまんま同じようにすること。
仮に日商簿記検定試験1・2級を独学の勉強法で、合格を勝ち取った受験者なら、会計士試験での試験科目の簿記論、財務諸表論のこの2分野だけは、ともに独学で受験に合格するのも、ありえないことではないと思われます。

今後資格を得るために受験の勉強をスタートする方たちにとっては、「会計士試験については、どれ程の勉強時間を保ったら合格可能なのか?」というデータは、やっぱり事前に知っておきたいことでしょう。
あらかじめ会計事務所ですとか会計士事務所にて働き、経験&実力を積み増しながら、マイペースで勉強に励むという手順を踏むといった方は、通信講座を選択する方が1番ベストかと思います。
前もって法律の勉強をしたことなどないのに、短期間の勉強期間にて会計士試験に合格するという猛者もおります。彼らの大部分に見受けられる共通部分は、皆個々にとって適切な「現実に合った正しい勉強法」をセレクトすることが出来たことであります。
これから資格スクールで会計士用の講座を受講したいと思うのですが、周辺にそのようなスクールが見当たらない、仕事に追われている、家事などで学校に通学する暇がないという方たちに対して、多くのスクールにおいては、自宅で学べる通信講座を展開しています。
実際数多くの受験生は、名が通った会社だし絶対バッチリとした、何の根拠も存在しない具体性に欠ける理屈で、通信教育を選びがちです。けれど、それでは高難易度の会計士に、合格はできないといえるでしょう。

現実的に合格判定が出なかった時の、学習する合計時間数のリスク面を見ると、会計士資格取得の受験に関しましては専門学校が提供している通信講座、それかダイレクトに教わる通学式講座を選択する方が、より固いと考えます。
会計士資格に必須の簿記論は、会得しないといけない中身は膨大なのですが、大抵全て計算問題のパターンにて出されるため、会計士になろうとするためには、相対的に完全独学でも、身につけやすい専門科目となっています。
基本通信教育は、テキストはじめ教材全体の質が結果を決めます。ここ最近はDVDですとかオンラインでの動画配信などの映像系教材も大変充実しておりますけれど、会計士の資格専門学校によって、それらの内容に関しては多種多様です。
ここのHPでは、会計士資格取得を目指す通信教育を、適切に選び抜けるように、ニュートラルな立場にて判断が行える有益な材料を定期的に紹介していきます。そうしてそれをベースに自分自身でコレと言うものを選んでくださいね。
元々会計士試験は、スゴク高難易度でございます。毎年合格率は、おおよそ10%位です。しかしながら、一度だけの試験にかけないで、長いスパンで合格を志すつもりであるなら、特別実現できないことではないです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【経営】会計士|只今多くの... | トップ | 【コンセプト】会計士|科目... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL