競争激戦区の東京でライバル会計士との差をつけて、顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル!

ライバルとの差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。あなただけの強みを活かし価値を顧問先に提供する!

公認会計士|基本的に公認会計士試験を独学にてパスすることは…。

2017-05-16 02:40:02 | 日記

なるたけリスクを避ける、確実に、念を押してといった考えで、公認会計士試験に挑戦する折に、予備校に足を運ぶ方が効率的ですが、オール独学をセレクトする考え方もいいでしょう。
基本的に公認会計士試験を独学にてパスすることは、かなりハードといえますが、学習法を効率的にするとか、把握しておくと良い情報を積極的に揃えることで、短い期間・少ない学習量で合格を勝ち取ることも、可能といえます。
実際先に会計事務所や公認会計士事務所勤めをして、経験実績を積み重ねつつ、ちょっとずつ学習をしていくやり方を選ぶ人ならば、通信講座の学習方法がベターといえるでしょう。
そもそも科目合格制だから、公認会計士試験に関しましては、お仕事をしている社会人も受験しやすいのだけれども、ところが受験に費やす時間が長期化する印象があります。ですから、先輩たちの勉強法の具体的手法をお手本にすることをお勧めします。
国家資格5科目合格に到達するまで、長い年数がかかってしまう公認会計士受験においては、学習を続けることができる環境が維持できるかどうかが、大きなキーポイントであり、通学以外の通信教育コースに関しましては、なおさらそのことについて関与してきます。

優れた部分が多いとされる、公認会計士の専門学校に通学する上での効率的な勉強法ですが、その分数十万円以上のそれなりの料金が必要となりますので、どなたでも参加できるものではないと言えます。
現実的に公認会計士の試験を受ける場合は、たった一人の力で独学にて合格しようとする方がかなり少ないということもありまして、他にある国家試験より、市販テキストの種類もあんまり、販売されてません。
お勤めしながら、公認会計士の資格を目指す人も沢山いらっしゃるかと存じますので、自らの勉強を空いた時間に毎日確実に取り組み続けるというのが、公認会計士試験の合格を実現できる早道となるのかもしれません。
一般的に公認会計士試験は、年齢であったり性別・学歴などの制約はありませんから、いくつでも誰でも受験することが認められています。それまで法律に関する詳しい知識が全然ない方であろうと、確実な受験対策で臨めば、合格できてしまいます。
現場において「法律的に考える頭を持った方」かそうでないのかを見定められているみたいな、めちゃくちゃ難易度アップの試験といわれているのが、ここ最近の公認会計士試験の実態と受け止めています。

大方の専門学校に関しましては、公認会計士資格向けの通信教育が存在します。そうした中には、USBメモリなど活用しやすいツールを使って、時代の先端を取り入れた通信教育サービスを展開している、資格学校や専門学校も存在します。
一般的に公認会計士試験は、年も性別ともに受験の資格なんか無く、学歴の有無は条件にありません。今に至るまで、法律に関係する専門の勉強を行ったことがない場合でも、優秀な大学卒でなくとも、誰でも公認会計士資格取得は可能なことです。
実際司法試験と近い勉強法でありますと、事前知識の無い公認会計士試験だけの受験生に比べ、勉強を行う総量がものすごくなりがち。そればかりか見合う成果はあらわれず、費用対効果が望めません。
国家資格試験の公認会計士試験の合格率につきましては、10%強と、高難易度とされております割には、高めの合格率が出ております。だとしても、一度目で合格するのは、極めて困難で望みが薄いと昔から言われているようです。
事実過去に法律に関する知識など無いのに、短期の間で公認会計士試験に合格することができる先達も存在します。合格をした方々に同様に共通している点は、本人にピッタリの「効率の良い勉強法」を選ぶことができたことといえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|最近公認会計士... | トップ | 公認会計士|現在においては…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL