競争激戦区の東京でライバル会計士との差をつけて、顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル!

ライバルとの差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。あなただけの強みを活かし価値を顧問先に提供する!

公認会計士|大学で法律を専攻していなくても…。

2017-05-13 00:20:03 | 日記

国家資格専門学校の公認会計士対象の講座を受講できたらと思ってるのですが、近辺にスクール無し、仕事に追われている、学校に通学する時間をなかなか確保することができないなんていった方向けに、それぞれの学校では、家で勉強することが可能な通信講座を展開しています。
実際独学での公認会計士受験の勉強法を選択する時に、1番問題となりますのは、勉強に取り組んでいる途中に不明な点が生まれてきた様なときに、回答を求めることができないということでしょう。
実際公認会計士試験に関しては、公認会計士の資格を得るのに基本とする深い知識、及びそのことの応用能力が十分あるのかないのかを、審査することをメインに、執り行われる高難易度の国家試験です。
高度な知識や経験を必要とする試験内容で、難易度がとても高めでありますが、原則的に公認会計士試験については、いわゆる科目合格制度が実施されているので、各々5年の期間を費やして合格を得ていく方法も、アリの試験とされています。
先に法律の勉強をしたことなどないのに、短期間の勉強期間にて公認会計士試験に晴れて合格される人達も存在しております。合格者の皆さんに見受けられる共通部分は、例外なく自分にフィットした「効率の良い勉強法」をセレクトすることが出来たことであります。

結局のところ、勉強スタイルは各人により違い独学で貫いても、余すことなく、公認会計士の役割について会得できるのならば、合格を目指すことは可能です。しかし、それを実現するには並大抵ではない、長い時間をかけるといったことが必要です。
通常公認会計士試験は、高難易度とよく言われる、法律系国家資格の1つ。ここのサイトでは、目的の公認会計士試験に必ずや合格するために有効な勉強法などを、管理人自身の合格に至るまでの実体験を経て得た情報を踏まえて様々記載していくつもりです。
実際に合格率が10%以下と、公認会計士試験は難易度レベルが高めの試験となっています。けれども、あんまり構えることはございません。全身全霊で立ち向かえば、学歴・経験など関係なく誰でも間違いナシに合格を勝ち取ることが出来ます!
原則的に公認会計士試験については、歳や性別・学歴などの条件は全く無く、どんな方でも受験することが認められています。これまで法律についての知識ゼロの未経験者であっても、イチからしっかり受験に対しての方策を立てることで、高確率で合格することができるんですよ!
公認会計士につきましては、国家資格認定試験のハードルとして、各世代に注目されており、そして受験合格後には、個人にて事務所等を立上げて、独立して開業を行うのも選べる法律系の専門試験であります。

出来れば万が一に備える、安全に、用心の上にも用心しようといった考えで、公認会計士試験を受験する際、予備校に行く方が安心ですが、完全独学を1つの道に選んでも支障はないでしょう。
大学で法律を専攻していなくても、並びに実務の経験ゼロであっても公認会計士にはなれるものですけれども、けれどもそれだけまるっきり独学という際には、寝る間を惜しむくらいの勉強することも要必須です。まさに私も専門学校等に通うことなく独学で合格した為、それをかなり実感しております。
通常多くの人たちは、名が通った会社であるし確かだろうなんていうような、何一つ手がかりもない説得力に欠ける理由を挙げ、通信教育(通信講座)をチョイスしがちでしょう。でも、それじゃあ難易度が高い公認会計士に、合格出来るはずはないでしょう。
公認会計士試験に関しましては、1つの教科毎でわずか2時間しか受験の時間がないです。限られた制限時間内に、合格域に入る点数を得なければならないため、当たり前ですがスピード&正確さは必須条件です。
もともと科目合格制なので、公認会計士試験については、会社勤めしている人等も受験に臨みやすいのですが、その分受験生活にかかる期間が長くなってしまう風潮があったりします。これまでの先人の方の取り組んできた勉強法を参考にするとよいのではないかと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 公認会計士|実際初めから法... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL