競争激戦区の東京でライバル会計士との差をつけて、顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル!

ライバルとの差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。あなただけの強みを活かし価値を顧問先に提供する!

【企業】会計士|会計士試験に関しましては…。

2017-07-13 17:40:08 | 日記

2006年より、会計士試験の出題問題は、沢山改正がなされました。従前と異なる点は法令科目が、主要となり、多肢択一式の問題をはじめ、40字記述式の問題というような暗記だけでは解けない問題なんかも広く出題されています。
無論、会計士試験については、全力で臨むようにしないと満足のいく成果がみられない、困難な試験だというように強く思います。言ってしまえば確保できる大事な時間を上手に活かして勉強を継続した努力家だけが、合格を得られる結果となるのです。
簿記論科目においては、把握しないといけない内容量は大量なわけですが、ほぼ完全に計算問題メインでつくられているので、会計士にとっては、割合独学で臨んでも、学習しやすいタイプの科目に当たります。
現在の会計士に関しては、全体的に合格率が6%程度とした結果が示されており、事務系の公的資格の中では、難易度高の資格として扱われています。ただし、全ての試験問題中6割合えば、確実に合格できます。
昔より、法律についての知識が全く無い時点から取り掛かって、会計士試験合格にマストな勉強の時間は、「3000時間少々」というデータがあります。実際的に初回で合格を叶えた受験者の勉強時間数は、平均的に3000時間となっております。

現実的に会計士の資格取得をしようとする折は、専門スクールに通わずに独学で合格をしようとする受験者が少ない状況であり、実情別の受験と比較してみると、市販の学習テキストもさほど、充実していません。
会計士試験に関しましては、1つの科目につき2時間に限ってしか受験の時間が割り当てられていません。そういった中にて、合格レベルに達する点を取らないといけませんから、勿論のことながら要領の良さは必須事項です。
原則的に独学で勉強して、合格を目指すのは、実行可能でしょう。そうはいっても、会計士に関しては10人受けたとして、1人でさえも受からないような間口の狭い試験とされております。試験に通るためには、効率的な学習法を手に入れることが必要です。
オール独学でやっていて、科目勉強の時間配分や学習スタイルに対することなど、不安な点がある等々の際は、会計士試験に狙いを定めた通信教育(通信講座)を受けるなんていうのも、1つのパターンかと思います。
日商簿記検定で1級または2級を一から独学で、合格された人だったら、会計士試験の中の簿記論や財務諸表論の2種の科目に限定しては、双方独学スタイルで合格を獲得するといったのも、なしえない挑戦ではないのでは。

実際難易度がめちゃくちゃ高い試験でありながら、教科をひとつずつその度ごとに受験する方法もアリのため、そのせいもあり会計士試験に関しましては、1年に1度5万人強が受験にチャレンジする、難関試験でございます。
当ホームページは、経験豊かなベテラン会計士が、会計士試験のGOODな勉強法を色々紹介して、かつまた数多くの会計士資格取得専門の通信講座の受験生の間でのランキング、会員の口コミなどを調べ、掲載しているHPとなっています。
実際に独学での会計士試験の勉強法をチョイスする場合に、最も支障をきたすのは、学習している中にて不明点が生まれてきた折に、誰かに質問するということができないことです。
一般的に法律系の国家資格であり、高度な専門性を持った業務を執り行う、会計士と会計士なのですが、難易度については会計士の方が難しくなっていて、加えてその職務内容に関しましても、様々に異なる箇所がございます。
会計士の合格者の合格率は、1〜2%位と把握されています。近ごろでは、国内にて法科大学院というところができ、この学部をクリアしたら、新司法試験を受験する資格が授けられます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【広告代理店】会計士|現在... | トップ | 【独占】会計士|全部独学で... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL