競争激戦区の東京でライバル会計士との差をつけて、顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル!

ライバルとの差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。あなただけの強みを活かし価値を顧問先に提供する!

【スピーカー】会計士|実際に会計士資格取得試験の合格率の数字は…。

2017-07-18 00:40:04 | 日記

非常に専門的な法律系の内容であるので、難易度がスゴク高度でありますけれど、しかしながら会計士試験では、5教科中の一部科目合格制度(1教科で試験の基準点を満たす)を設定しておりますので、各科目ずつ何年かかけて分けて合格することも、認められている試験なのであります。
昔から毎年、2〜3万人が受験を行い、そこから600人〜900人位しか、合格を勝ち取ることが出来ません。この部分を見ても、会計士試験の難易度が高度であるのかがわかるものです。
実際に合格率3%程度の難関の、会計士試験にて合格をするためには、オール独学での試験勉強だけでは、大変なケースが多くあり、専門スクールに行くか、自宅で通信教育を受講して受験勉強をするというのが通常であるといえるでしょう。
法律系国家試験の会計士試験の合格率の数字は、約10%と、物凄く難関と言われております割には、別の国家資格と比べて高い合格率となっています。だとしても、1発目で合格することが出来るのは、可能性がほぼゼロと言われているようであります。
勿論のこと独学の勉強法にて、合格を狙うのは、不可能なことではございません。さりとて、会計士は10人試験に臨んでも、1名も受からないこともある高い壁の法律系国家試験です。そこを勝ち抜くには、適格な学習スタイルを習得しなければいけません。

実際会計士の業種は、学校や通信教育を受講しないで独学で挑んでも合格を手にすることができる資格といえます。中でも現今、サラリーマン・OLなどの方がやる気を出して挑む資格としては可能性が高いわけですが、裏腹でめちゃくちゃ高い難易度となっています。
効率の悪い勉強法で取り組み、労力掛けて寄り道することほど、残念なことはありません。確かで手際の良い手立てでごく短期で合格を獲得して、会計士資格を取得しましょう。
税制の消費税法は、会計士試験の科目内では、言うほど難易度は厳しくなく、簿記についての基本的な知識をキッチリ身につけておくことによって、割り方難なく、合格するのに必要な6割以上の点数をとることが可能となるでしょう。
合格率の数値が1割にも満たない7%前後と、会計士試験はとても厳しい難易度の国家試験です。ですけど、あまり気後れすることはないですよ。本気で勉学に励むことにより、誰であっても必ず合格への道は開けますよ!
実際に法律を専門に学ぶ法科大学院を卒業した経験者でも、合格できないことが見られるほどなので、ツボを押さえた能率の上がる勉強法を理解した上で本気で臨まないと、会計士試験合格を実現するということはメチャクチャ大変でしょう。

国家試験の制度の修正にあたりまして、かつての運次第の賭博的な面がカットされ、本当に手腕があるかないかが見られる登竜門的な試験へと、会計士試験の中身は基本から作り直されました。
現在、ないしは先々、会計士試験に自分ひとりの力で独学で試験を受ける人を対象として公開しております、特化した専門サイトです。コンテンツには合格をゲットするための身につけておくとベターなテクニックはじめ、現場での仕事の流れ、加えてその魅力的な部分をお届けしています。
言ってしまえば第一段階合格最低点の「足切り点」といいます基準点制度が、会計士試験には設定されています。言い換えれば、「定める点数に達していないという場合は、合格になりませんよ」という基準の点数が最初に設けられているわけです。
なるべくリスクヘッジ、安全な道を選ぶ、入念に用心してという狙いで、会計士試験のケースでは、会計士向けの専門学校に行って勉強した方が良いといえますけれど、それは必ずしもではなく独学を選んでも不都合はございません。
実際に会計士資格取得試験の合格率の数字は、1・2%程度といった結果があります。今日び、国内でも米国をモデルにした法科大学院というものが新たにつくられて、その教科過程を終えれば、新司法試験受験資格というものが得られるようになっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【コンサル】会計士|毎年全... | トップ | 【経営】会計士|会計士試験... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL