競争激戦区の東京でライバル会計士との差をつけて、顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル!

ライバルとの差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。あなただけの強みを活かし価値を顧問先に提供する!

公認会計士|合格率の数値が全体から見て7%のみといったら…。

2017-06-20 16:20:02 | 日記

一般的に「くらしの法律家」として、相続・遺言・成年後見などでお手伝いできる公認会計士の受験を申し込む時に、過去の学歴等は必要有りません。誰であっても挑むことができますため、通信教育を提供している各会社でも、性別は関係なしに幅広い層の方達から高い人気がある資格に挙げられています。
一般的に公認会計士は、わざわざ専門学校に通わず独学であっても合格出来てしまう資格の1つであります。なかんずく現在、仕事をしている人が頑張って志す国家資格としては望みが高いですが、残念ながら難易度もかなり高めです。
公認会計士試験を受験する場合には、実際上は筆記問題しか存在しないという風に、判断して問題ないです。そのワケは、面接官との口述試験は、余程の事が起きない限り不合格扱いにならない簡単な程度の試験だからであります。
一般的に、公認会計士の資格をとる際は、たった一人の力で独学にて合格への道を目指すという人が少な目で、実は他の受験と比較してみると、使えそうな市販教材なんかもそれ程、出版されていません。
少し前までは合格率1割以上が普通だった公認会計士試験でありましたけど、現在においては、一桁の数値となっております。合格率が一桁でありますと、難易度が高度な国家資格の中の一つとして、捉えられるでしょう。

どのような教本で学ぶのかというよりも、いずれの効率いい勉強法で挑むのかの方が、一層公認会計士試験を乗りきるには重要なポイントです
なるべくリスクヘッジ、リスクを低くする、大事をとり慎重にという目的で、公認会計士試験を目指す場合、プロ教師陣が揃う学校に行って勉強した方が良いといえますけれど、しかしながら独学を選択する考えもいいかと思われます。
将来公認会計士の勉強をやり始める受験者においては、「公認会計士試験では、いかほどの勉強時間を保ったら合格することが可能であるの?」なんかは、気に掛かる部分ではないでしょうか。
社会人として働きながらも、公認会計士の資格を目指すといったような人々もいると存じますため、あなたの取り組めることを日毎少しずつ取り組むのが、公認会計士試験の合格を実現できる早道となるのかもしれません。
合格率の数値が全体から見て7%のみといったら、公認会計士の資格試験としては極めて難易度が高く難関そうにみえるけれども、評価基準の少なくとも60%以上の問題がバッチリ解けるようであれば、合格を勝ち得ることは疑いないのです。

直に学校で教わる通学講座と自宅で学ぶ通信講座を並行して受けることが出来る、学校「資格の大原」に関しましては、高い精度の指導書と、経験豊富な講師陣で、公認会計士合格者全体の50%の人数の結果を出す業界トップクラスの実績を誇ります。
税金について定められている消費税法は、公認会計士試験の教科の中では、そんなには難易度は高めに設定されておらずに、初歩的な簿記の知識からキチンと把握していれば、割かし簡単に、合格ラインに達することが出来るはず。
現在の公認会計士に関しては、全体の合格率が6%あたりと言われていますので、デスクワーク・事務系資格では、競争率の高い難関資格に分類されています。ですけど、全体的に問題の60%以上正解になれば、合格すること間違いありません。
実際授業を受けられます予備校も学習法に関しましてもまさに色々。ここでは、いくつもの公認会計士向けの講座の中から、忙しい受験生でも修学可能であります、通信講座アリのスクールをピックアップし比較しました。
公認会計士に関しては、法律で定められている資格取得試験の入門編として、幅広い年齢層に注目を集めている中、見事合格した以降は、個人オフィスなどを立ち上げ、自営で開業することもOKな法律系国家試験の一つです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|繰り返し演習問... | トップ | 公認会計士|合格を実現する... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL