競争激戦区の東京でライバル会計士との差をつけて、顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル!

ライバルとの差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。あなただけの強みを活かし価値を顧問先に提供する!

公認会計士|実際通信教育ですと…。

2017-05-14 15:40:13 | 日記

公認会計士試験においては、リアルに合格率が6%位としたデータがでており、オフィスでの事務系資格としましては、狭き門の資格と考えられます。されど、試験の全問題のうち60%正答であったなら、合格すること間違いありません。
高度な知識や経験を必要とする内容なので、難易度がスゴク高度でありますけれど、しかしながら公認会計士試験では、社会人を含めた多様な方々が受験に取り組みやすいように科目合格制度を設けているので、教科をひとつずつ5年間にわたり合格していくスタイルであっても、OKな試験でございます。
国家資格を取得して、近いうちに「実力で活路を開きたい」等といったポジティブな想いがある人ならば、例え公認会計士の資格取得の難易度の程度が高い場合でも、そのような垣根もきっとクリアできるでしょう。
もとより公認会計士試験を未経験者でありながら独学で行うのは、すっごくハイレベルなことであるわけですが、独学にて挑みたいとやる気がある人は、まず先に会計に属する科目をマスターすることから入るとベターでしょう。
実際通信教育ですと、どの会社のものでも公認会計士試験に集中した対策を必要な分まとめ上げた、特化した教材が存在しますから、全て独学でしていくよりも学習のスタイルがキャッチしやすくて、より学びやすいかと思われます。

昔より、法律に関する知識が全くゼロの状態から取り組んで、公認会計士試験合格に要される勉強への取り組み時間は、おおよそ「3000時間くらい」といった統計がございます。調査してみても、1回で合格を決めた方の総勉強時間は、約3000時間くらいとなります。
司法試験と変わらない勉強法でおこなうケースだと、初心者の公認会計士試験に限る受験生よりも、総勉強量がとんでもないものになる傾向がみられます。加えて思うような結果は見ることが出来ず、コスト(費用)とパフォーマンス(効果)のバランスが悪いです。
以前は合格率の割合が10%台が一般的だった公認会計士試験でありましたが、現在、ダウンし一桁のパーセンテージでおさまりつづけています。合格率一桁のケースですと、高難易度の国家資格の中の一つとして、認められます。
公認会計士試験に関しましては、1つの教科毎で120分しか受験時間があてられておりません。よってその僅かな時間の中で、合格圏内に入ることができる点を目指さなければいけないため、当然ながら処理能力は求められます。
最近は、学校に通って授業を受講しているとした方たちと、そんなに大きく異ならない学習ができるようになっております。その事柄を叶えるのが、今や公認会計士向けの通信講座のメインの教材とされておりますDVD講座です。

国家資格取得試験の公認会計士試験の合格率の割合は、約10%と、高難易度とされております割には、国家資格の中でも合格率が高めであります。だとしても、1回で合格することが出来るのは、限りなく0%に近いと言われている様子です。
法律学部を卒業していなくとも、及びNO知識&経験であれど公認会計士の国家資格はとれるものですが、ともあれ独学スタイルなら、何百時間もの勉強時間・量も絶対に欠かせません。わたくし本人も知識・経験ともゼロの状態から独学で合格できたので、それをかなり実感しております。
網羅的な指導書であってもピックアップされていない、学識が必要とされる問題につきましては、即座に降参するようにしましょう。完璧を狙わず割り切るようにすることも、難易度の高度な公認会計士試験に対しては、大事なポイントなのでございます。
実際にいつも、2・3万名位が受験を行い、そのうちの600人から900人強しか、合格を獲得できません。この状況に注視しましても、公認会計士試験がどのくらい難易度が高いのかが認識できます。
税制の消費税法は、公認会計士試験のメイン科目の中においては、過度に難易度は高くなっておらず、基礎的な簿記の知識をキッチリ身につけておくことによって、割りに楽に、合格を勝ち取ることが可能でしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|会社に勤務しな... | トップ | 公認会計士|日本で実施され... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL