競争激戦区の東京でライバル会計士との差をつけて、顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル!

ライバルとの差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。あなただけの強みを活かし価値を顧問先に提供する!

【会計士試験】会計士|現実的に難関資格とされております会計士試験の難易度の程度は…。

2017-07-12 17:00:05 | 日記

今多くの方々が、国家資格の会計士の実際の合格体験記などのものを、様々情報を探し回って確認している行動をとっているのは、ほぼ、いかようなアプローチ・勉強法がご自分に対して1番適切であるのか、考えあぐねているからでしょう。
現実全科目での平均での合格率は、おおよそ10〜12%で、他のハイレベルな資格よりも、合格率が若干高いように見えてしまいますが、これは各科目の合格率の数値で、会計士試験全部をひっくるめた合格率ではないんで、頭の片隅に置いておいてください。
従来より毎年、2万名〜3万名程度の人達が資格試験を受験し、多くとも900人ぐらいだけしか、合格をゲットできません。この現況に注目しても、会計士試験の難易度の様子がわかってしまいます。
実際簿記論におきましては、理解するべき内容はいっぱいですけど、その大部分がいろんなテーマの計算試験問題にてつくりだされているため、会計士に合格するには他の国家資格と比べても、一から独学でやっても、勉強がとりかかりやすい専門科目となっています。
大学で法律を専門に学ばなくても、並びに実務の経験ゼロであっても会計士の職に就くことはできますけれど、その分だけ全部独学というケースは、学習量も相当要します。当方も知識・経験ともゼロの状態から独学で合格できたので、心の底から感じております。

合格を勝ち取ることが出来なかった場合の、トータル学習時間のムダを思いますと、会計士資格を取得する受験は専門スクールが開いている通信講座、それか通学して授業を受ける通学講座をチョイスするほうが、間違いないものだろうと思っています。
現実的に難関資格とされております会計士試験の難易度の程度は、大変高度であり、合格率の数値も僅か3%くらいと、国内の国家資格の中でも、トップクラスのまさしく難関試験でございます。
現実、会計士試験については、狭き門とされております、国家資格の一つであります。当サイトでは、夢の会計士試験に確実に合格するために把握しておくべき勉強法等を、私自身の合格ゲットの実体験をもとにして公開します。
国家資格の中においても、高難易度の会計士であるわけですが、ともあれ合格へ至るまでのプロセスが難関であるからこそ、ついに資格取得を果たした先は高い需要があることや報酬のアップ、より高い地位を取得することができる見込みもあります。
自分だけの力で独学にて会計士試験合格を狙うには、本人が確実な勉強法を発見する必要があります。このために、殊に優良な方策は、合格した人たちがしていた勉強法をコピーすることといえます。

空いた時間を無駄にしないで、効率的に学習を行えますから、会社に行きつつや及び家事などと二足のわらじを履いて会計士の資格を取得しようという考えがある方にとっては、時間の都合が付けやすい通信講座については、とても便利でしょう。
中でも会計士試験につきましては、相当難しいレベルの国家資格試験となっているんで、勉強法が確立出来ていない方は専門学校に行くようにした方が、確かではないでしょうか。さりとて、全て独学でやっても各個人によって、そのスタイルが最も効率的であるといったような事例もあるようです。
毎年総じて、会計士試験でのリアルな合格率は、大体2〜3%程度でございます。勉強に費やす合計時間との釣り合いにて考えたら、会計士国家試験がいかに高難易度の試験であるのか推測していただけると思います。
昔より、法律知識ゼロの次元から着手して、会計士試験合格に必須の受験勉強時間は、「3000時間前後」と言われております。一般的に実例でも、一発で合格を果たした人の勉強の累計時間は、大きな開きは無く3000時間くらいと言われております。
実際会計士試験を独学で合格することは、非常にハードルが高いわけですが、勉強のやり方を変えてみたり、沢山の情報を確実に見聞きすることによって、短いスケジュールで合格を勝ち取ることも、不可能なことではないでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【社労士】会計士|現実会計... | トップ | 【会計士資格】会計士|普通... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL