競争激戦区の東京でライバル会計士との差をつけて、顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル!

ライバルとの差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。あなただけの強みを活かし価値を顧問先に提供する!

公認会計士|つい最近は公認会計士試験の指南を記した…。

2017-05-14 08:10:02 | 日記

一般的に、公認会計士試験に一切独学で合格を叶えるのは、超難しいことということを理解しておこう。それに関しては各年の合格率の割合が10%に届くことがない状況となっていることからも、疑う余地もなく推察できることです。
通学授業プラス通信講座の2タイプを同時に受講できるカリキュラムがある、CMでも有名な「資格の大原」は、クオリティの高い教本セットと、経験豊富な講師陣で、常に公認会計士合格を獲得した人の半分を巣立たせる高実績を誇っております。
資格に強いと評判のユーキャンの公認会計士の通信講座は、年毎に約2万人位が受けており、ほとんど予備知識がない受験生だったとしても、堅実に国家資格を得るための学習方法・テクニックを基本から習得可能な、是非活用したい通信講座とされています。
果たしてどんな教材で学習をするかということ以上に、どんなタイプの勉強法に頼って挑むのかといったことの方が、間違いなく公認会計士試験を乗りきるには大切だと考えられます
今あなた達が、公認会計士合格の実体験を綴った体験記といったものを、あれやこれやと探し求めて目を通しているワケは、大概が、いかなる勉強法がご自分に適しているかということに、迷っているからでしょう。

つい最近は公認会計士試験の指南を記した、専門サイトであったり、経験豊かな公認会計士が、受験生宛てに勉強のポイント等をアドバイスするメルマガ等を発信中で、情報収集及び士気をより高めるにも活用することができるでしょう。
現実的に公認会計士の業務に関わる地域の法律家として、活躍発揮が期待されている公認会計士の立ち居地は、名誉あるといわれている資格であります。当然、それだけ試験の難易度の程度についてもスゴク高いものです。
繰り返し演習問題で基礎的な学習能力を養いベースを固めた後、実際の応用問題へレベルアップしていく、確立された勉強法を採用するのが、公認会計士試験を受ける上での簿記論の教科については、実効性があるようです。
極力リスクマネジメント、リスクを冒さないで無難に、用心の上にも用心しようという意味で、公認会計士試験に挑むにあたって、プロの講師陣から直接指導を受けられる専門学校に通学する方がいいでしょうけれども、完全独学を選択する考えも良いといえるでしょう。
従来は公認会計士試験の受験は、割合とりやすい資格なんていうように言われておりましたが、最近はすっごく難関資格になっていて、他の資格よりも合格することができないという資格の1つになっております。

普段からいろんな事柄に「法令を基に問題に接することが可能である人」であるかないかを見極めるような、超難易度が高度な試験としていわれているのが、つい最近の公認会計士試験の現況というように思います。
公認会計士については、もしオール独学でやっても合格可能な資格の一つといわれています。目下、サラリーマンをやっている方が意欲を持って挑む資格としては見込みがあるものですが、裏腹で難易度も著しくハイレベルです。
努力して資格を得て、この先「独力で新たな道を切り開きたい」という確固たる気持ちがある受験生なら、例え公認会計士の資格取得の難易度の程度が相当高くても、そのような垣根も確かに踏み越えることが可能だと思われます。
実際に法律を専門に学ぶ法科大学院を修了したスキルを持つ人だろうと、不合格の結果となることがあったりするので、つぼを押さえた効率良い勉強法を検討し立ち向かわなければ、公認会計士資格取得試験に合格するのは厳しいでしょう。
国家資格5科目合格に到達するまで、長い年月がかかる公認会計士資格取得試験では、学習を続けることができる環境が維持できるかどうかが、合格への大きな鍵となり、通信教育(通信講座)については、よりそうした点が言えると思われます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際9月時期から…。 | トップ | 公認会計士|会社に勤務しな... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL