競争激戦区の東京でライバル会計士との差をつけて、顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル!

ライバルとの差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。あなただけの強みを活かし価値を顧問先に提供する!

公認会計士|会社に勤務しながら並行して勉強を行い…。

2017-05-14 10:00:07 | 日記

当然専門のスクールに通わずとも独学で、合格を勝ち取るのは、実行可能でしょう。しかしながら、例年公認会計士の試験につきましては10人受けても、合格できた人が1人もいないという超難易度の高い試験とされています。試験に通るためには、確実な勉強スタイル・術を身に付けるべき必要性がございます。
日本の公認会計士試験においては、年齢であったり性別・学歴などの受験資格は設けていないので、どんな方でも試験を受けることができるようになっています。これまで法律についての知識が全然ない方であろうと、十分な受験に対しての方策を立てることで、合格可能でございます。
公認会計士と並ぶ法律系の国家資格とされ、極めて専門的な要素を含む務めをする、公認会計士と公認会計士でございますが、難易度を見ると公認会計士の方がハードで、それだけでなく業務の詳細につきましても、いくらか差異があります。
状況が許せばリスク回避、石橋を叩いて渡る、入念に用心してという目的で、公認会計士試験を目指す場合、プロ教師陣が揃う学校に通う方が良いといえますけれど、例えば独学を選択することも問題ないかと思われます。
資格をとって、この先「実力で前に進みたい」というような大きなモチベーションを抱いている人なら、どれほど公認会計士の難易度レベルが相当高くても、そんな障害も乗り越えられること間違いなしです。

安い値段、出題される範囲をピックアップし、学ぶ量を削った講座計画、優れた指導書などが人気である通信教育の「フォーサイト」。事実公認会計士通信講座を一つ挙げるならコレ等と口々に言われているくらい、人気が高いです。
毎年総じて、公認会計士試験の合格率の数値は、ほぼ2〜3%強といわれています。長期間の受験勉強時間とのバランスを考慮しますと、公認会計士の国家資格取得試験がどれほど難関試験であるのか見てとれるかと存じます。
門戸が狭いとされております公認会計士試験の難易度に関しましては、大層高いものとなっていて、合格率のパーセンテージもたったの2%・3%と、法律関係の国家資格の中におきましても、トップクラスに入るド級の難関試験なのです。
会社に勤務しながら並行して勉強を行い、やっと3回目の試験で公認会計士合格を果たした、わたくし自らの乗り越えてきた経験を見つめ直しても、昨今の難易度は、明らかに高難度になってきていると思っています。
実際合格率約7〜8%と、公認会計士試験についてはかなり難易度の高い国家試験でございます。されど、あまりビビることはありません。努力を積み重ねれば、学歴・経験など関係なく誰でも必ず合格を獲得することは可能です!

公認会計士試験の勉強をやる上で、集中力が長く続かなかったり、いつもモチベーションを保持し続けることが辛かったりというデメリットな部分も味わいましたが、総合的に見たら通信講座を選んで、満足のいく結果が出たと評価しています。
今日皆々様方が、公認会計士の試験合格体験談などのものを、様々インターネット等でチェックしている要因は、ほぼ、どういう勉強法が自らに最適であるのか、迷いが生じているからでしょう。
これまで素人で法律についての知識を全く持っていないのに、短期間の勉強期間にて公認会計士試験に合格することができる先達も存在します。彼らのほとんどに共通する部分は、例外なく自分にフィットした「効率的な勉強法」を見極めることが出来たことです。
少し前までは合格率の数字が10%強が定番になっておりました公認会計士試験だったけども、昨今は、低下し1割満たない値が続いております。合格率が一桁ならば、高い難易度とされる法律系国家資格のひとつとして、認知されることになります。
非常に難関とされる資格試験となっている公認会計士試験を受ける場合におきましては、中途半端な努力では合格を実現できません。無論独学で合格を勝ち取るためには、めちゃくちゃ努力しないとなりません。僅か程度であっても何か役立てるページに思っていただけたら大変嬉しく思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|つい最近は公認... | トップ | 公認会計士|実際通信教育で... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL