競争激戦区の東京でライバル会計士との差をつけて、顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル!

ライバルとの差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。あなただけの強みを活かし価値を顧問先に提供する!

公認会計士|合格者の合格率の割合が3%のみの険しい道の…。

2017-05-13 16:00:13 | 日記

実を言えばDVDを活用しての勉強やまた、テキスト教材を見るという勉強の進め方に、少々不安を抱いていますが、事実上通信講座を受けて、公認会計士資格取得を実現した先駆者も大勢いますし、完全独学でやるよりは、安心できるのではないかなと思っています。
公認会計士試験の勉強をやる上で、集中力が長く続かなかったり、やる気を持ち続けることが大変だったりとしたデメリットな部分も実感しましたけれども、全体的には通信講座を受講して、合格への道が切り開けたと感じています。
合格者の合格率の割合が3%のみの険しい道の、公認会計士試験において合格を獲得するには、独学で行う試験勉強だけでは、スムーズに行かないことが沢山ありまして、予備校に通学するか、通信講座(通信教育)にて受験勉強に努めるのが一般的といえます。
近々資格をとろうと受験学習に取り掛かるという人にとっては、「公認会計士試験に対しては、どの位の勉強時間を堅持したら合格できるのか?」というようなことが、大いに気になる所だと思われます。
いくつかある国家試験でもケタが違う高い難易度を誇る公認会計士試験の詳細は、全部で11分野の法律の中よりたっぷり問題が出題されるものなので、合格をしたいと思っている場合は、長期的なスパンにおいての勉強継続が欠かせません。

現実的に公認会計士試験は、メチャクチャ難関の国家試験といわれている試験なので、勉強法が確立出来ていない方は専門学校に通うようにする方が、確実に無難かと思われます。でも、全て独学でやっても各個人によって、とても上手くいくといったような事例もあるようです。
実際現在の公認会計士においては、著しく難易度が高い内容になっていて、通信教育の会社・カリキュラム選びで、合格への道が決まるものです。とはいえ、沢山の会社が存在しているから、どちらをセレクトすると最善であるのか、判断が付かない方も多いのでは。
あらかじめ法律に関する知識など無いのに、短期集中で公認会計士試験で合格を獲得する先達も存在します。合格者に同じように見ることが出来る点は、自分自身に相応しい「能率的な勉強法」を選ぶことができたことといえます。
実際公認会計士試験に関しては、壁が高いと認識されている、日本の国家資格の1つ。こちらのサイトでは、夢の公認会計士試験に確実に合格するための効率的な勉強法・コツなどを、自らの合格を得るまでの体験談をベースとして記載します。
難易度レベルが高い税法科目の「理論暗記」をメインとし、公認会計士試験のお勧めの勉強法、さらに頭脳を鍛える方法、速聴法・速読法ということについてもくまなく調べています!それ以外にも暗記方法とか、勉強に取り組む上で、実用的なツールなどをこちらで色々ご紹介します。

巷で人気のユーキャンの公認会計士資格の通信講座につきましては、毎年毎年約2万人の方たちに利用されており、あんまり学識が無い人の場合であれど、手堅く試験の攻略法を基礎から会得することが可能な、お勧めの通信講座でございます。
かいつまんで言えば第一段階合格最低点の「足切り点」といいます受験制度が、公認会計士試験には設定されています。要するに、「範囲内の点数に届いていないと、合格になりませんよ」といった点数というものが設定されております。
毎年公認会計士資格の合格率は、概ね1.75%と言われています。最近では、法律専門研究の法科大学院というものが新たにつくられて、この学部を済ませれば、新司法試験を受けられる資格を手にすることができるのです。
現実独学で行う公認会計士試験の勉強法を選択する際に、殊更問題として出やすいことは、学習している中にて分からない点などが見つかった時点で、尋ねることが出来かねることです。
現在の公認会計士試験におきましては、実際筆記試験(記述式問題)だけしかこなさなくてよいと、思っていて構わないといえます。どうしてかというと、口述試験に関しては、よほどでないとまず落ちることは無いような試験内容だからです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|中でも公認会計... | トップ | 公認会計士|ちょっと前まで... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL