行政書士事務所の現場で起こっていることをありのまま書いていきます。

なかなか皆さんの知りえない行政書士事務所の現場で起こっていることをありのまま書いていきます。

【なるには】【本町四丁目】行政書士|実際合格率約3%の難関の…。

2017-08-10 19:10:06 | 日記

1年に1度、2・3万名位の受験者が挑戦し、僅か600名〜900名だけしか、合格を獲得できません。この部分に注目しても、行政書士試験の難易度レベルが高度であることが認識できます。
実際事例や演習問題で理解度を高めて基礎の部分を掴んだ後、実践の総合的な各問題へとステップアップしていく、昔からのオーソドックスな勉強法でやるのが、行政書士試験での試験科目の簿記論にとっては、効果が高いようでございます。
法律で平成18年より、法律系資格の行政書士試験は、大分改正が実行されました。一般科目よりも法令科目が、大きく重視されるようになりまして、多肢択一の問題であったり、記述式問題(小論文)のような暗記だけでは解けない問題なんかも出されています。
消費税法の中身は、行政書士試験の必須科目の中では、それ程難易度は高めに設定されておらずに、簿記の基礎の学識を掴んでおくことによって、割合楽に、合格レベルに到達することが実現できるはずです。
実際全科目における合格率のアベレージは、10〜12%程度となっていて、この他の難関資格と比較して、合格率が高めに思えますが、これにつきましては各受験科目の合格率の割合であり、行政書士試験そのものの合格率というものではないです。

実際合格率約3%の難関の、行政書士試験にて合格をするためには、全て独学での受験勉強だけですと、困難な場合が多くあり、専門の予備校に通学するかあるいは、通信教育にて受験勉強に努めるのが一般的な対策となっています。
世間一般的に行政書士試験は、全体の合格率が6%あたりとなっておりますので、事務系の資格内におきましては、難易度が高い資格だと言えます。とは言っても、全試験問題の中で6割以上正しく答えられたならば、合格間違いなしです。
通常通信講座を受講するという時には、行政書士でも行政書士であろうと、どちらとも受講者のお家まで学習書などを発送して貰うことができますので、あなた自身の都合の良い段取りで、勉強を実行することが可能であります。
国家資格専門学校の行政書士講座を受講したいけれども、近いエリアに学校が存在していない、仕事に追われている、学校に足を運ぶ時間が全くないなんて方を対象に、各学校毎にて、空いた時間に勉強できる通信講座を展開しています。
超難関というように知られている行政書士試験の難易度につきましては、著しく高度なもので、合格率の割合も約2〜3パーセントと、日本国内の国家資格の中でも、有数の桁違いの難関試験であります。

実際法務専門の法科大学院を卒業されたという実力の持ち主でも、不合格となってしまうことが無いわけはないので、キッチリした効率のいい勉強法を検討し挑まなければ、行政書士資格取得試験に合格するのは難しいでしょう。
現在の行政書士試験におきましては、実際上は筆記で解答する問題しかこなさなくてよいと、思っていていいですよ。何故かといいますと、もう一つの口述試験は、よっぽどの事が無い限り不合格になることのない容易な試験だからでございます。
オール独学で行っているのはすごいけど、試験日までの学習スケジュールの組み方ですとか勉強のやり方等に、不安を持つというような際であれば、行政書士試験に狙いを定めた通信講座で勉強するというのも、一つのスタイルだといえるのではないでしょうか。
基本的に科目合格制システムとなっておりますので、行政書士試験は、社会人受験生も受験に挑戦しやすいのだけど、その一方受験生活にかかる期間が長期になるということがよくあります。ですので、多くの先達のGOODな勉強法を手本にするとよいのではないでしょうか。
仕事に従事しつつも、行政書士を目指す人も沢山存在しているはずだと思いますので、あなた自身の行えることを毎日ずっとコツコツと積み上げやっていくということが、行政書士試験合格への最も近い道となるのかもしれないです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【難易度】【玉戸】行政書士... | トップ | 【英語】【西可児】行政書士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL