13年の経験を持つ社労士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ社労士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

社会保険労務士|無論のこと独学スタイルで…。

2017-06-19 09:30:05 | 日記

実際に事前の法律知識が一切無いのに、短期集中で社会保険労務士試験合格を実現する人もおります。彼らの多くに見られます共通する部分は、例外なく自分にフィットした「効率いい勉強法」を選定することができたことです。
実を言えば、社会保険労務士になろうとする場合におきましては、完全独学にて合格を実現しようとする方たちがかなり少ないということもありまして、実情別の国家資格試験に比べると、役立ちそうな市販の参考書などもそんなに、ございません。
おそらく9月ぐらいより、次に迎える年度の社会保険労務士試験に狙いを定めて取り掛かり始める受験者も、いっぱいいらっしゃるでしょう。1年ぐらい続くとされる厳しい受験勉強では、あなたにピッタリ合う勉強法を見つけ出す創造性も求められます。
最初から独学のみで学習を行うといった、気は全然ないけれど、マイペースで学んでいきたいと思っている人のケースですと、どちらかと言いますと社会保険労務士の通信講座を受けた方が、条件に合った勉強法といえるでしょう。
法律で平成18年より、社会保険労務士試験に関しましては、広範囲にわたり改正がなされました。一般科目よりも法令科目が、多数出題されるようになり、選択制のマークシート式の、記述形式の問題といったようなこれまでになかった形式の問題も登場しています。

一般的に社会保険労務士試験をたった一人で独学にて進めるのは、かなり壁が高いものですけれども、そんなハンデがあってもやりたいとやる気がある人は、差し当たり会計の科目の勉強から開始することを推奨します。
通信講座受講の場合には、社会保険労務士でも社会保険労務士でありましても、ともに自宅宛にテキスト一式を郵送していただけますため、皆さんのお好みのスケジュールにて、勉強を行うといったことが可能となっています。
不適切な勉強法で挑んで、ゴールが遠くなってしまうことほど、無意味なことはございません。正しく能率的な進め方で短い期間で合格を実現し、社会保険労務士資格を取得しましょう。
サラリーマンをしながら、社会保険労務士になるための勉強をしている方も多く存在すると思われますので、本人の実施できることを日常的に着々と継続して行っていくというのが、社会保険労務士試験合格の確率を上げるといえるのかもしれません。
合格にいたらず不合格だったときの、膨大な勉強時間のリスク面を見ると、社会保険労務士試験につきましては予備校主催の通信講座、またダイレクトに教わる通学式講座を選ぶのが、より固いではないでしょうか。

実際に難易度がスゴク高い資格の試験であっても、1つの科目ごとにその都度受験するといったこともできることによって、それ故社会保険労務士試験は、例年5万人位の方が受験に取り組む、難関の試験となっております。
過去に日商簿記試験1級・2級を完全独学で、合格を得た方でありましたら、いざ社会保険労務士試験の簿記論やまた財務諸表論の2教科に限るなら、双方独学スタイルで試験に合格するのも、ありえないチャレンジではないかもしれません。
可能でしたら危険回避、堅実に、用心するに越したことはないといった考えで、社会保険労務士試験を受験する際、専門予備校に通い学習した方が良いといえますけれど、しかしながら独学を1つの道に選んでも良いといえます。
通学での講座と自宅にいながらの通信講座をセットにして受講可能な、CMでも有名な「資格の大原」は、高い精度の教科書と、加えて優秀な講師たちによって、常に社会保険労務士合格を獲得した人の半分の成果を上げる信頼と実績があります。
無論のこと独学スタイルで、合格を叶えるといったことは、できることといえます。ですが、社会保険労務士の試験につきましては10人受けても、たった1人も合格できない超難易度の高い試験とされています。合格を勝ち取るには、優れた学習方法を入手することが欠かせません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会保険労務士|基本社会保... | トップ | 社会保険労務士|日本の社会... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL